gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

家族写真の整理と年末のひと仕事

スポンサーリンク

スポンサーリンク

子供が生まれるとどんどん増えるものの1つとして写真が上がりますね。

今はスマホやデジタルの時代なので、データの整理と現像をどう残していくか?が手間がかかる悩みどころかなと思っています。

 

f:id:gu-gu-life:20171213170434j:plain

娘が生まれてから4年。

私がずっと続けている写真整理の方法と、そのついでに作る、両親へのお土産をご紹介します。

 

 

1.写真現像の頻度

私は写真をスマホオンリーで撮影しています。

デジカメや一眼レフなどは持っていません。

 

頻度として半年に1回ほどで現像しています。

 

 

2.写真の現像は楽天写真館

shashinkan.rakuten.co.jp

 

(1)私の楽天写真館の使い方

 ①マイページでフォルダを作る

マイページに「未:娘●~●歳」として名前をつけておきます。

定期的に行うのであれば、日付でもいいかもしれませんね。

②スマホからアップロードする 
③写真を現像する
④フォルダ名を変更する

写真を現像後はフォルダ名を「娘●~●歳」と書き換え、重複して現像しないようにします。

 

 

(2)私が楽天写真館を活用しているわけ

 

①楽天写真館の場合、5GBまでは写真が保存できます。

現像後のフォルダは削除してもいいと思いますが、私は少なくとも1つ前のフォルダは残しています。

 

②楽天ポイントが使える、貯まる

 

③新規以外もクーポンで1枚9円(L&DSCサイズ)で現像できる

新規の方のクーポンはこちら⇒『楽天写真館: おすすめクーポンキャンペーン!

リピーターの方はメールでクーポンが届きます。

 

 

3.現像後はセリアのアルバムで保管

(1)セリアのアルバムはシンプルで優秀

写真が安定してへたくそでゴメンナサイ。

f:id:gu-gu-life:20171213074214j:plain

とにかくシンプルで無駄のないデザインが気に入っています。

f:id:gu-gu-life:20171213074216j:plain

このシリーズです。

 

結婚してからの写真も現像して、このファイルで保存し始めたので、今で8冊くらいになっています。

 

(2)保管する写真選び 

①子供の成長が見えた瞬間

寝がえり、離乳食、ヨチヨチ歩き、等。

目に見える形で子供が成長をした時、その瞬間が撮影できれば現像したいです。

寝がえりなんて、親以外には何の写真かわからないけど、自分のためのアルバムだから、自己満でOK!

 

②家族で行ったイベント

子供が大きくなるにつれて、遊びに行ける幅も広がって年々増えてきますね。

子供と見返すことも踏まえて、イベント事に1枚は現像しています。

 

③子供の面白い光景

服を間違えてきている様子

何にもないところに精一杯手を伸ばしている様子

噴水に飛び込もうとしている瞬間

 

私が大人になった時、母が作ってくれたアルバムを見て、こういう写真が一番面白くて大好きでした。

結婚式でも大活躍しました。

だから子供たちの恥ずかしい面白い写真もママラッチは残します。

 

 

4.お年賀のおともにお勧めしたい「子供カレンダー」

(1)手作りカレンダーキット

3年前にこのキットで作ったら、両親・義両親にとっても喜んでもらえました。

もう少し素材を選びたいなと値段と相談しながら探し中。

 

f:id:gu-gu-life:20171213170452j:plain

義母はすごく気に入ってくれたようで、毎月めくるのを楽しみにしてくれていました。

過ぎ去った年の分のカレンダーも保管して、気分でページを選んで飾ってくれています。

 

 

(2)作る上で少し気を使っているところ

★義実家へ送るのは夫と子供、義両親と子供を中心に写真を選んでいること。

★各人(義父、義母、夫)の誕生日月にはその人と子供が映っている最高の写真を選ぶこと。

 

「孫かわいいしょ?ねぇ、かわいいでしょ?」って感じを押し付けてしまうんじゃないかって作る前は不安もありました。

でも、実際やってみて喜んでくれたので、私としてはやってよかったな~って思います。

ちなみに私の義両親はカレンダーはいくつあっても困らないタイプのようです。

 

 

5.最後に

年末。ほんと忙しいですよね。

「なんか忙しいね~」がご挨拶になっている今日この頃。

 

年賀状で写真を整理する時。

ちょっとひと手間ですが、お年賀のお供に喜ばれるひと仕事をしてみませんか?

スポンサーリンク