gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

スポンサードリンク

【第三章】ついに撃退!胃腸風邪との戦いに終止符。と役に立ったものや今後の装備。

【第1章】【第2章】に続き、最後になります【第3章】。

f:id:gu-gu-life:20171105145242j:plain

わが家の胃腸風邪の戦いも、ついに終わりを迎えようとしています。

 

子供たちの吐き気もおさまり、下痢も何とか落ち着きを見せてくれたのは、息子が嘔吐をしてから1週間ほど経ったころでした。

 

 

 

1.母、謎の船酔いとしつこい悪寒

息子の吐物処理などを素手でやってしまったわけで、ある程度感染するのは致し方なかったのですが、子供たちとは違って、症状の軽いもので済みました。

 

看病疲れだったのか、感染したのか・・・。

定かではありませんが、私の場合はこんな感じでした。

 

夜中、気持ち悪さに目が覚める。

まるでつわりの様な気分の悪さ

「吐きそうで吐けない・・・。」

 

そのまま朝を迎え、1日が始まる。

その日は終始、目の前にグレーのフィルターでもあるかのように、見えるものすべてがワントーン低く感じる。

さらに、鉄板で上から押さえつけられてるかのように重苦しい。

 

しかし、娘と用事があったので出かける。(娘、この時はまだ超元気)

帰りの道ではしつこくて激しい悪寒を感じ、体が芯から寒い。

f:id:gu-gu-life:20171105150042j:plain

帰宅後、そのまま昼寝。

夕方おきるも、まだ悪寒は続いていたが、娘が嘔吐したため飛び起きる。

あーだこーだしてるうちに、悪寒の存在も消えて、娘と一緒に暖かくして寝る。

夜、寝ている間にびっくりするくらい汗をかいたのが良かったのか、朝になるとすっきり。

 

おしまい。

 

なんだこれ?

子供たちと症状が違うのは、大人と子供の違いだからだろうか?

 

良くわからないけれど、これだけで済んで本当に良かったです。

 

 

2.胸で吐かれた夫。それでも彼は。

 

そう。

息子の嘔吐を胸でキャッチした夫。

絶対感染していると思われた彼でしたが、家族の中で一番元気でした

 

「仕事があるのでうつしてはいけない!」と私も思っていたので、この看病の期間、夫だけは別室で寝てもらっていました。

 

違う部屋で寝るだけで、こんなに違うものなのかな・・・。

 

何より、元気で良かったです。

 

 

3.今回の胃腸風邪ドミノで役に立ったもの

 

①次亜鉛酸素ナトリウム系のスプレー

同じの見つからなかったんですが、こんな感じのです。ネーミングが分かりやすくていいですね!

 

すべてのものを塩素系の漂白剤で漬け込めればいいのですが、なかなかそういうわけにもいかないので、このスプレーでシュッシュッしていました。

 

衣類などは熱湯消毒。

漂白されてもいいようなタオル類は塩素系漂白。

漂白剤が使いにくい場所はスプレー。

もう、消毒する気にならないものは処分。

 

こんな感じでした。

 

②飲むタイプのゼリー

子供が食欲がない時、これだけは食いつきがよかったです。

常温で、比較的長く保存がきくので、今後3つほどは常時ストックしておこうと思います。

災害時に同じような症状が出た時、役に立ってくれる期待も込めて・・・。

 

こんにゃく系だとしんどいのかな~??

そのあたりよくわかっていないです。 

 

 

 

こんな感じです。

いずれはわが家もこういう日が来るだろう・・・と思っていながらも、今までどこか他人ごとだった胃腸風邪。

子供が増え、家庭内で感染するリスクや、感染した時の脅威も大きくなりました。

f:id:gu-gu-life:20171105150101j:plain

 

今後はもう少し手洗いうがいから、予防を徹底していきたいです。