gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

スポンサードリンク

ヒィヒィマゴマゴ!てんやわんやの子育て期の法要事情。おばあちゃん!ごめんね!

先日祖母が亡くなり、四十九日を迎えました。

 

やっぱり自分のおばあちゃんの事だから、最後までちゃんと見送りたい!

という事でもちろん出席してきましたよ~。

 

近い身内ばかりで数十人規模ではありましたが、育児中の法要。

 

・・・想像以上に大変でした!

 

 

 

1.保育所の様なにぎやかな葬儀に参列者も茫然

私たち孫世代は、現在子育て期の真っ只中です。

 

今回参加した状況がこんな感じ。

ヒィヒィマゴマゴしてます。

f:id:gu-gu-life:20171023223913j:plain

 

圧倒的に大人の手が足りない・・・。

 

そんな中、開かれた葬儀。

まぁ、当然じっとしてなんていられないひ孫たちに、振り回される母親たち。

 

男性陣は受付などに駆り出され、私たちの両親は葬儀の段取り等でてんやわんや。

 

後日、葬儀に参列された方からは

「にぎやかな葬儀だったね~」

「おばあちゃんも笑ってたわ~」

なんて声があったくらい。

 

私自身、親戚は少ない環境で育ってきたので、こんなに自分の親戚が増えていた事に嬉しさも感じています。

しかし、今回ばかりはそんなわが子たちにひぃひぃ言っていました。

 

ちなみに葬儀中は喪主である伯父が「騒いでも大丈夫。もし大変だったら会場から出ても大丈夫だよ」と事前に声を掛けてくれていました。

 

 

2.もちろん四十九日も簡単ではなかった

葬儀とは違って、数少ない身内だけだったので、さほど人目を気きすることはありませんでしたが、30~40分のお経の間、じっと座っているって・・・

まぁ~難しい!!

 

ここでも母親たちは奮闘していました。

f:id:gu-gu-life:20171023224443j:plain

 

3.最後の修羅場は法事後のご飯

座敷で取り開かれた食事会。

座敷なので子どもたちに触ってほしくないものばかり。

 

コース料理ですこしずつ運んでくるので、それなりに時間もかかります。

 

2時間ほどの食事会。

奮闘する母親たちは、もう疲労困憊でした。

 

 

4.おばあちゃん、ごめんね。大好きだよ!

おばあちゃんが生まれたのは戦時中。

戦争の苦しい時代、戦後の物のない時代を経て、私たちの父を産んで育ててくれて、私や従兄弟たちがある。

そして、ひ孫である、私たちの子どもがいる。

 

おばあちゃんが頑張って生き抜いてくれた過去があって、いま私たちの幸せがある。

これはまぎれもない事実。

 

どう?おばあちゃん。

あなたのひ孫だから、みんななかなか一筋縄ではいかないね!

最後の時間だったけど、こんな感じでガチャガチャしてほんと申し訳ないです。

でも、私はおばあちゃんの生きてきた証にも感じたよ。

 

め~~~~~っちゃ怖いおばあちゃんだったからさ。

きっと怒ってるよ!笑 

「やかましい!!!」って。

f:id:gu-gu-life:20171023224043j:plain

 

 

ごめんね!

でもみ~んな大好きだから、許して!そして今までありがとう!!

f:id:gu-gu-life:20171023224102j:plain