gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

スポンサードリンク

ニトリの時計を買った3つの理由

わが家では今まで私が1人暮しの時に使ってきた青緑色の時計を使ってきました。

 

 

以前より買い換えたいと思っていたので、断捨離祭を勝手に開催しているこのタイミングで、思い切って買い換えました!!

 

 

1.時計のbefore&after

f:id:gu-gu-life:20171007153214j:plain

 

before(右) 

↓ 

after(左)

 

2.時計選びのポイント

 

①文字盤を見やすくして子供にも分かりやすく

以前使っていた時計は、文字盤が「12」「3」「6」「9」しか書かれていませんでした。

正直大人でもちょっと見づらいです。

 

すべての文字が表示され、文字が大きめのものを選びました。

 

最近娘が10まで数えられるようになってきました。

せっかくなので生活の中で数字を見る環境を作ろうと思います。

f:id:gu-gu-life:20171010173435j:plain

 

②シンプル

フレームや背面が白いものを探しました。

色の氾濫を防ぎたかったです。

 

③安全性(災害時でも怪我しにくい)

これ、絶対大事。

時計は自分の頭より高いところにある場合が多いです。

わが家は私の身長より高いところにあります。

 

地震などで落ちてきた時、重たいものや割れるような素材のものは避けたいです。

 

余談ですが、こちらのニトリの時計は、サイズが2種類あって、私が購入したものは小さい方です。

お値段は1,000円しないものでした。

 

 

※掛け時計の掛け方が載っていたので、改めてではありますが、載せておきます。

「掛時計・ホールクロック」使用上のご注意 | 時計を安全にご使用いただくために! | 日本時計協会 (JCWA)

 

3.インテリアを整える上で

最近、インテリアを考える上で大切にしたいと思っていることがあります。

 

「基本のものに個性を求めないこと」です。

 

時計、テーブル、椅子、本棚。

こういった「年中いつもあるもの」には個性を求めず、家になじむカラーやデザインの物を選んでいます。

 

逆に

ブランケット、クッションカバー、カフェカーテン、マット、スリッパ。

こういった買い換える頻度が高い物や、季節が限定されるものには、自分の好みのテイストを入れるようにしています。

 

 

リビングの時計を変えただけで、印象がかなりすっきりしました。