gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

MENU

ズボラな私の普段着の収納は朝の導線が命!

スポンサードリンク

いつの間にかずぼらが染み付いてしまって、早30数年。

なんだろう、これ。

座禅とか組んだらとれるのかな。(ムリ)

f:id:gu-gu-life:20171003072631j:plain

 

それでは、わが家の普段着の収納をご紹介します。

 

 

1.服の使用頻度で収納場所を変える

 

使用頻度に合わせて収納場所を変える、というのはよく聞きますが、わが家の場合はそもそもの場所が違っています。

 

以下、使用頻度別の収納場所です。

 

①1カ月3コーデで紹介している服+パジャマ+インナー等

日常生活の中でこれがあれば24時間過ごしていけるもの。

これは1階のリビングに収納しています。

 

②それ以外

これは2階の寝室のクローゼットで収納しています。

 

 

2.普段着が1階にあると導線はどう変わるか

わが家は洗濯機も洗濯物を干す場所も1階にあります。

そうなってくると、2階にクローゼットって、とっても不便な気がしませんか?

 

①2階に収納している場合

<洗濯導線>

洗濯⇒洗濯干す⇒畳む⇒2階へあがる⇒1階では運びきれず、往復

 

<着替え導線>

起きる⇒服を選ぶ⇒着替える⇒1階へ下りる⇒洗面所へ放り込む

 

②1階に収納している場合

<洗濯導線>

洗濯⇒洗濯干す⇒畳む⇒1階の収納にブチ込む

 

<着替え導線>

起きる⇒1階へ降りる⇒朝ごはんの準備云々⇒着替える⇒洗面所へ放り込む

f:id:gu-gu-life:20171003072702j:plain 

今日は文章が硬いので無駄なイラストでお送りしています。

 

3.洗濯導線

 

2階へあがる必要がなくなる、と言うだけでかなり楽になります。

洗濯後、乾いた普段着は1階の収納へ、パジャマは洗面所へ置いてきます。

 

ちなみに私は洗濯ものは畳む派です。

1階に収納スペースが少ないので、畳んで少しでも省スペースにします。

 

 

4.着替え導線

わが家は2階で寝ているので、導線自体に大きな変わりはありません。

しかし1階に朝着る服があることで、朝の最初の行動が選択できます。

 

たとえば、朝早く起きた時、子供が寝ているところでクローゼットを開け閉めして、子供を起こしてしまう。

たとえば、朝起きて子供の寝起きが悪かった場合、子供をだっこしていったん1階へおろし、ぐずぐずしているのを横目にダッシュで2階へ自分の服をとりに行く。

 

・・・と。 

こんなことはなくなりました。

朝のゆったりした時間で座禅も組めますよ。(やったことないけど)

 

 

5.導線が変われば生活は変わる

以前の読書日記でも導線について触れましたが、生活の中で導線、つまり行動パターンが変わると、一気に時間の使い方や生活パターンが変わってきます。

 

すぼらな私にとって普段着をリビングに収納することは、至って必然的なことだように感じています。

 

↓生活導線についての読書日記

www.gu-gu-life.com

 

 

 後日、収納方法について記事にしたいと思います。

スポンサードリンク