gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

3歳にして初!歯医者での虫歯チェックと子供への対策【後編】

スポンサーリンク

今日は娘の歯医者デビューの「後編」として、子供対応を前面に打ち出す歯医者さんの神対応と娘の様子についてです。

 

 

www.gu-gu-life.com

 

 

 

 

1.まさに神対応!な経験豊富な歯医者さん

f:id:gu-gu-life:20170921053544j:plain

 

①器具の説明から始まる

使う道具を「痛くない物」「怖くない物」だとわかるように、見せたり、触らせたりしてくれました。

 鏡が付いた器具と、空気が出る器具を説明に使いました。

 

椅子に座った時点から、緊張していた娘でしたが、器具を触ったあたりで、「痛くない」と実感したようで、緊張がほぐれていきました。

 

 

②とにかくほめてくれる

 

「すごいね~」「お利口だね~」「お口大きく開けれるね~」と短い言葉で何度もほめてくれていました。

娘もうなずいてご満悦。

 

 

③笑顔が絶えない先生

マスクをしているせいで、笑っていても伝わりにくいのが歯医者さん。

しかし、声のトーンや目じりで表情は伝わるんですね。

ずっと笑顔でいたので、娘の周りだけ歯医者さん独特の緊張感がほぐれていました。

 

 

待合室に「○○小学校 歯科指導」というような証書が貼ってあったので、おそらく子供の歯科検診や治療にはかなりご経験のある先生なんだと、帰り際に気がつきました。

 

 

2.検査の結果

 

虫歯は見つかりませんでした!

娘が「痛い」と言っていた症状についても、先生なりに考えを出してくれました。

 

「2~3歳頃に奥歯が生えそろってくるので、その時の周りの歯と高さが合わないことで痛みを感じる子もいる」

ということでした。 

まぁ、歯磨きへの抵抗か、奥歯の成長か・・・原因は不確かですが、しっかりと診て、フッ素も塗ってもらえ、次の健診の案内も受けることができて、ひと安心でした。

 

 

3.私の失敗

 

ここからは私がやらかした失敗です。

 

①適当な返事で娘に無駄な期待をさせてしまった

 

 最近病院へ行くと、何かしらもらうことが多い娘。

 

「お母さん、歯医者さん終わったらシールもらえる?」と言われ

「あぁ~?うんうん。多分ね」と適当に返してしまいました。

 

しかし、ここではもらえず・・・!

帰りの待合で「ねぇシールは?」と何度も聞かれ、申し訳ないやら恥ずかしいやら・・・。

 

曖昧に適当な返事をするもんではないと改めて実感。

 

 

②息子の眠い時間に行って息子大興奮!

 

予約時間が午前10時だったので、息子としてはかなり眠たい時間と重なってしまいました。

行く道で少しでも寝れたら良かったのですが、なぜか寝ず。

歯医者さんの治療室でラムネを要求されるも、病院内でそんなことしていいかもわからないし、娘が頑張っている手前、それは無理。

 

スマン、息子よ、私の腕の中で大いに暴れてくれ。

ピッチピチの鯛のように活きのいい様子を披露してくれました。

 

f:id:gu-gu-life:20170921053608j:plain

 

4.最後に

 

今回の経験で娘にとっても歯医者さんへの怖いイメージが軽減され、自信もついたようです。

また次は冬に歯医者さんがあることを伝えると、「シールもらえないけど、大丈夫だよ!」と言っていました。

ん~。結構根に持つね。

 

歯医者さんは虫歯になってから行くよりも、虫歯になる前に行って、子供に知ってもらうことも大事かなと思いました。

 

 

◆追伸◆

インスタグラム始めました!!

まだまだ使い方に慣れておらず試行錯誤しています。

コメントの返信もできるか不安なところですが・・・

宜しければフォローしていただけると嬉しいです。

www.instagram.com