gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

「かならず成功する読みきかせの本」・・・赤木かん子さん

スポンサーリンク

今週のお題「読書の秋」ということで、絵本棚企画として、個人的によかったと思える絵本を紹介する記事を下記ました。 

www.gu-gu-life.com

 

 

そこで本屋さんをぶらぶらしていると、1冊、気になる本があったのでご紹介します。

 

タイトルが「かならず成功する読みきかせの本」なんですね。

 

最初に言っておきます。

私は「絵本に成果を求めてはいけない」と建前上思っています。

建前上というのは、自分に対しての言い聞かせです。

 

「心のやしい子になってほしい」

「感情豊かな子に育ってほしい」

「語彙力を身につけてほしい」

「本を読む力を付けてほしい」

 

色々親心はあると思いますが、そういう気持ちがあると、ついつい成果を求めてしまったり、成果が見えてこないとやめてしまったりします。

 

しかし「絵本に成果を求めてはいけない」と思うこととで、絵本が子供との1つのコミュニケーションツールになるので、それ以上のことは考えなくてよくなります。

 

だからこそ、このタイトルを見た時は

「いやいやい。成功って何を持って成功とするの?」と疑いの目で見ていました。

 

で、まんまと買ってしまうという商法(?)にハマっているわけです。

 

 

1.本の概要

www.ehonnavi.net

ごめんなさい、現在品切れ中です。

楽天やアマゾンでは中古本が見つかるようです。

 

気になる方はお手数ですが、お近くの図書館などで在庫を確認してくださると幸いです。

 

①出版社からの内容紹介

近年、急速に活況を呈してきた、子どもたちへの読みきかせ。本書はお母さんがたなど、ご自身の子どもたちやお友だちに本を読んでいるアマチュアの方々、そしてボランティア等で、学校や児童館の読みきかせの会などで読みきかせをなさっているセミプロの本読みの方々のための、テクニックと、読みきかせに最適な本を紹介したガイドブックです。子どもたちを幸福にする本読みのコツ、勘どころ、そして、絶対ウケる本の数々を著者の赤木かん子氏が伝授します。これであなたの読みきかせは成功間違いなし! 実戦にすぐ役立つ「読みきかせのQ&A付き。

引用:かならず成功する読みきかせの本|絵本ナビ : 赤木 かん子 みんなの声・通販

 

 

2.本の感想

①絵本~児童書~専門書まで紹介する本が幅広い

この本はどちらかと言うと立場上、図書館、学校、イベントなどで読み聞かせをする人向けに書かれている内容が多いのかなという印象でした。

立場上、その経験を「アマ」「セミプロ」「プロ」と分け、「アマ」「セミプロ」向けにコツやお勧めの本が紹介されています。

私の様に子供が生まれてから絵本に親しむようになった立場だと「アマ」に当てはまるのかなと思います。

 

そのため、絵本だけでなく、子供が意外にも食いつく本のカテゴリーをいくつか紹介されています。

絵本を進める書籍では、多くはロングセラーの絵本や定番の絵本が多く、本屋さんで見かける本が多いな~と思うことが多いですが、こちらで勧めている本は図書館で探して見つかる本が多い印象です。

 

 

②絵本の成功とは「子供に与える幸福な時間」

私が本屋さんで疑問に思っていた「絵本の成功って何よ?」ということです。

 

いろいろ親心はあるけれど、一番は幸福な時間を子供に与えることが絵本の成功だそうです。

 

子供がわくわくして「次読んで」「もう一回」「これ読んで」って言ってくる気持ちに応えてあげること。

読み方なんてどうでもいい。

 

子供が好奇心を持ってわくわくしている気持ち。

一緒にページをめくって、声に出して、笑って、感想を言い合って。

 

それでいいんですよね。ほんと十分。

 

「絵本はコミュニケーションツールだから。」

分かっていたはずなのに、一本取られた気持ちになりました。

f:id:gu-gu-life:20170926081830j:plain

 

 

3.最後に

この本は最初にすべての結論を述べきっているので、後半は絵本の紹介になっています。

そのため比較的短時間で読み切ることができます。

 

育児中の私でも日中の合間時間に読み切れました。

 

本の文体が、赤木さんの口調交じりで書かれているので

「ねぇ、なになに?赤木先生、教えてよ」

といった感じで会話しているような錯覚で読むことができました。

 

 

追記!(2017年9月26日12時43分)

インスタグラム始めました!!

まだまだ使い方に慣れておらず試行錯誤しています。

コメントの返信もできるか不安なところですが・・・

宜しければフォローしていただけると嬉しいです。

www.instagram.com