gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

スポンサードリンク

2017年秋冬の家庭菜園ラインナップ!

少し出遅れてしまいましたが、この秋冬の家庭菜園のラインアップがでそろいましたので、ご紹介したいと思います。

 

まだ植えていない物、これから植えるもの等ありますが・・・

 

皆さんのお宅は、秋の家庭菜園、何を植えますか~??

 

 

 

1.マイ畑の菜園マップ

  

f:id:gu-gu-life:20170911072458j:plain

この春、一番簡単な方法じゃないか!?って思われる方法で、マイ畑を作りました。

プランター菜園から、畑に切り替えたことで、庭がすっきりし、植え替えも楽になりました。www.gu-gu-life.com

 

 

2.この秋冬のラインナップ

 

 

①秋じゃがいも

 

秋じゃがいもは8月下旬~9月上旬に種イモで植えます。

 

遅くなると収穫が遅れ、初霜でイモが傷んでしまいます。

早く春と残暑が厳しく種イモが傷んでしまいます。

 

秋のじゃがいもは植える季節が一番重要のようです。

 

 

しかし、何気なくホームセンターで買ってきて、ざっくり植えていますが、今のところ失敗はありません。

 

ただし、植えるまでに気を使っていることがあります。

 

その壱!

「種イモは切らずに埋める!お店では小ぶりの種イモを選ぶ!」

 

残暑が残る季節に、春じゃがいもと同じように種イモを半分に切ってしまうと、そこから痛むことがあるそうです。

 

種イモの目安は50g程度のサイズがいいそうです。

女性のこぶしよりも一回り小さいです。

 

秋は小さめの種イモが入っているものを選んで買っています。

 

 

その弐

「芽出しをしてから植える!」

秋じゃがいもは残暑が残る季節の栽培になります。

1つでも工程を涼しい場所で行えるように、ホームセンターで種イモを買ってきたら、しばらくは直射日光が当たらず、風通しの良い室内に置いておきます。

 

2週間もすれば、ニョキニョキっと芽が出ています。

その状態の方がイモに負担がかかりにくく、芽出しまでがスムーズです。

ホームセンターで買った時点で芽が出ている場合は、この作業は不要です。

 

 

じゃがいもはホームセンターで25Lの土を買ってきたら、その土の袋でそのまま栽培できます。

失敗も少なく初心者向けの野菜なのでお勧めです。

 

 

②玉ねぎ

 

去年はホーム玉ねぎを植えましたが、上手く育たず、失敗してしまいました。

今年は苗作りからチャレンジです。

 

玉ねぎは中級者向けです。

 

土の管理が難しいのと、収穫までの季節が1年弱と長いので、そこが要勉強です。

 

まずは苗を決められた季節に種まきして作り始めることが大事です。

決められた季節は、種の袋に書いてあるので、そこを参考にします。

 

一応、記載のあった季節に植えていますが、間に合ったのか、早すぎたのか・・・。

 

ちょっと心配です。

 

 

③ワケギ

 

去年の秋冬に栽培していました。収穫が終わったものを、今年の夏に入る前に、球根を掘り起こし休ませていました。

 

ホームセンターでも球根が出始めていたので、もうじき植えたいなと思っています。

 

ミョウガとアスパラの微妙なスペースで栽培しようと思っています。

 

 

④水菜

 

種まきの季節が近かったので、種だけ買っておきました。

夏野菜の撤去が終わり次第、育て始めたいと思います。

 今年の冬も、休日の夕飯は鍋予定です!

www.gu-gu-life.com

 

 

⑤さつまいも

 

秋が深まるころに収穫予定です!

イモコちゃん、君に会えることを楽しみにしているよ~!!

www.gu-gu-life.com

 

 

 

 

今年の秋冬の家庭菜園。

さて、どのような成長を見せるのか、今から楽しみです!