gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

スポンサードリンク

「いますぐはじめて一生役立つ お金の教科書」 横山 光昭さん

先日のお買いものマラソンで購入した本を読みました。

その感想です。 

 

www.gu-gu-life.com

 

 

 

 

1.本の紹介

 

①本の概要

 

家計再生、投資本のヒットメーカー横山光昭が監修! ずぼらでも、知識ゼロでも大丈夫なマネーバイブル。日々の支出を見直して毎月5万円余らせるノウハウから、賢く失敗なしの月3,000円からはじめられるコツコツ投資術ほか、20代後半から30代、40代、50代の働く世代が読める、お金を貯めるための知識と実践方法が満載です!年金崩壊が叫ばれ将来が不安な人も、節税効果の高いNISAや老後資金の不足を準備するためのiDeCoもはじめられます。本誌を読めば、無理もせず手間もかけないでお金が上手に貯められます! 

 

 

②目次

 

●Part1 手取り17万円からはじめる「横山式お金の貯め方のキホン」
はじめに 貯蓄に必要なのは 「使わない」より「賢く使う」習慣づけ
STEP01 貯蓄の第一歩は 具体的な目標づくりから
STEP02 決まった割合に支出を抑えるだけ 勝手に貯まる横山式家計ダイエット術
STEP03 手取り17万円からはじめる 横山式コツコツ投資術
Column いろいろあるけど何を選べばいいの? お金を守る&増やす8つの選択肢

●Part2 世代&家族構成別「実録家計ビフォーアフター
STEP01 まずは知っておきたい 家計見直しと失敗を防ぐコツ
STEP02 1万人の家計診断でわかった 貯まる家計のビフォー&アフター
Column ずぼらな人でも失敗しない デジタル家計簿管理術

●Part3 はじめての人のための3,000 円からはじめる「トクする金融商品の選び方」
STEP01 毎月100円からでOK 無理なくコツコツ投資デビュー
STEP02 まずはバランスファンドを選んで あとはほったらかすだけ
Column 同じ投資信託でも性格はバラバラ こんな投資信託は要注意

●Part4 将来資金準備のための「NISA&iDeCoスタートガイド」
はじめに 銀行預金だけでは増えないから「投資」+「節税」で資産づくり
STEP01 「NISA」&「iDeCo」をどう活用する?
STEP02 「NISA」&「iDeCo」のしくみを知ろう
STEP03 現役世代のほぼ全員が加入できる iDeCoの3つのメリット
STEP04 まずは毎月かかるコストを削減! 手数料無料の金融機関
STEP05 加入まではおよそ2カ月 注意したい申込時の落とし穴
STEP06 iDeCoで運用したいのは 低コストの「インデックスファンド」

巻末特集1 申請するだけ!! 国からもらえる補助金ガイド
巻末特集2 お金を賢く増やすための素朴なギモン回答集

引用:いますぐはじめて一生役立つ お金の教科書 - インプレスブックス

 

 

 

2.本の感想

 

①節約や家計の本というよりも資産運用の初心者向けの雑誌

 

細かい節約術が載っている・・・というよりかは、段階を踏んで投資にもっていきましょう!という雑誌でした。

 

ライフスタイル別の収支アドバイスや補助金の種類など載っていて、この辺は参考になります。

 

ただ、家計を見直そうと思っている方には、イデコや積立投資の話が多めなので、少し物足りないかもしれません。

家計中心ならばこちらの書籍の方がお勧めでした。

www.gu-gu-life.com

 

さらに初心者で積立投資を始めたい!と思う方にはこちらの方が手順やお勧めの商品なども具体的でいいかな~?と。

www.gu-gu-life.com

 

1つ納得がいかないといえば、ライフスタイル別の家計がどこの世代もかなり手取りが高めなような気がしたこと。

都会は皆、こんな感じなの!?

地位格差でしょうか?

 

 

②貯金の目標が思い浮かばない

 

貯金は義務だと思っていました。

将来起こりうる不測の事態に備えて、できる限り頑張って貯金するものだと。

 

だから、こういったお金の本によく出てくる「貯金の目標や目的は?」というのが未だに思いつきません。

 

目の前にあるものとしては

 

・子供たちの教育にかかるお金

・私たちの老後

・40歳までにローンを返済するためのお金

 

こんな感じです。

さらっと言いましたが、我が家は40歳までにローンの返済を目標としています。

借入時の期間は25年が最短でしたので、25年設定でしたが、あまりダラダラと支払っていたくないのが本音です。

 

住宅ローンは金利が安いし死亡保障も付いているからあせる必要はないといわれますが、それでも毎月返済しなくてはいけない借金があるということ、実際に返済額が発生していることがどうしても嫌なので、一気に繰り上げ返済できるように貯金中です。

 

「100万円貯めて海外旅行に行きたい」わけでもない。

「500万円貯めて住宅ローンの頭金にしたい」わけでもない。

 

目下のところ、老後と教育費、住宅ローンの繰り上げ返済が私の貯金の目的です。

 

なんだかワクワクしないなぁ~。

 

 

③iDeCoがやっぱり気になる

 

扶養内の専業主婦の私がiDeCoをしたところで、節税の恩恵が受けられるわけでもないんですよね。

だって支払っていないんですから。

 

だから始めるとしても夫なわけですが・・・。

 

今、始めようと思ったところで、貯金から捻出できるのは5,000~10,000円。

始めれば原則60歳までは引き出せないというのも若干引っかかっています・・・。

 

これで果たして節税効果やメリットはあるのか・・・悩みどころです。

 

また夫婦で年金保険をかけているので、そことの兼ね合いで受取時期も調整が必要になります。

 

この辺は夫と要相談ですね。

 

 

④小さくてもいいので株主になってみたいというあこがれもある

 

この本ではあまり触れていませんが、初心者ですが株投資という方法ももちろんあると思います。

 

色々とハイリスクなところがあり、不安も大きいので、すぐにどうこうできるところではありませんが、やっぱり余裕ができたら株主になってみたい。

 

お世話になっている企業や、地元の企業を株主として見守ってみたい。

 

そんな小さな夢もあるんですね。

 

もう少しお金のことに慣れてきたら、チャレンジしてみたいと思います。

 

 

3.〆

 

新しい積立投資を始めるか、iDeCoを始めるか・・・先を急ぐ必要はないのか・・・

今、悩ましいところです。

 

不安な世界情勢の影響を受けて、投資信託もマイナス評価が出ていたりします。

絶対という確実性はないにしろ、積立投資はやってみてよかったなと思っています。

 

 

な・・・悩ましい・・・。