gu-gu-life’s blog

3歳&1歳の2児の母!試行錯誤なシンプルライフ日記。WEB&イラスト未経験ですがペンタブに挑戦中!

あまのじゃくな私が結婚して大事にしている基本の言葉

 

人からはわかりやすい性格だと言われることが多いのですが・・・。

自分としては、感情が素直に表現できないまま、大人になってしまったと思っています。

 

・向日葵のような笑顔のママさんや

・いつも小さな気遣いにも敏感に気がついて、感謝の気持ちを表現するのが上手な方

・子供のように怒られる(よそのお宅の)旦那さん

 

 

そんな姿を見ると、すごいなぁって思ってしまいます。

 

 

 

 

1.結婚が分岐点。これでだめなら、この先なにがあってもだめだと思った。

 

素直に言葉にしないままでは、上手に関係は繋いでいくことは出来ない。

 

この人生の一大イベントで変わらなかったら、私はこの先も変わらない。変わることは出来ない。

 

 

そう思い、あまのじゃくな私を少しずつやめていこうと思いました。

 

 

2.大事にしたのは基本の言葉2つ。

 

 

どんな時でも

「ありがとう」と「ごめんね」はちゃんと伝える。

 

最初のうちから会社でこれをやり続けるのは、私にとってはハードルが高かったです。

 (大人失格だ)

 

会社では、皆さん気配り上手な方が多く、自分がその気持ちに気が付かなかったり・・・。

自分の仕事でいっぱいいっぱいになってしまったり・・・。

 

 

でもね。家族(夫のみ)になら言える。

 

対象人数も少ないし、会社ほど細かい気遣いもない。(オイ)

 

 

3.家族に出来るようになると、両親、会社へとその行動の輪が広がった

 

 

はじめは、まずは「家族だけは絶対!」だと思い、日々気を付けて言葉を伝えるようにしました。

 

 

そうしてくると、周りの気遣いにも気が付けるようになりました。

今までは恥ずかしかった両親や、出来ないと思っていた会社の方へ、都度都度伝えられるようになりました。

(もちろん、まだまだ気がつかないことの方が多いですが。。。)

 

 

4.プラスの感情をちゃんと伝える。

 

今はなるべくこれを気にかけてしています!

 

実家に帰って、ご飯が出てくると「美味しい」と何度も言ってしまいます。

自分以外が作る手料理は母になると、よりいっそうおいしく感じるんですよね。

でもそれを心の中で思うだけじゃなくて、ちゃんと言葉にして伝えたい。

 

 

外食すると、よく夫がごちそうしてくれます。

いつものことと思わず、ちゃんとごちそうさまを伝える。

お店の出入り口でドアを開けて、会釈してごちそうさまって言ってます。

(私も夫も元体育会系・・・)

f:id:gu-gu-life:20170729204746j:plain

 

夫の両親にご飯を義馳走してもらったときにも、お店の出入り口で必ず言っています。 

 

毎日、毎回のことだと忘れてしまうことや、ないがしろにしてしまいがちですが、これだけはちゃんとしようと思って、この5年、自分に言い聞かせています。

 

自分の長年だめだと思っていたところも、小さな習慣や心がけで少しずつ変わっていくことが出来る。

 

今はそんな自分にもちょっと自信を持てています。