gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

子育て4年目のママが選んだオムツようのゴミ箱。

スポンサーリンク

 オムツ交換を始めて3年8カ月。

同じくオムツゴミを扱うようになって3年8カ月。

 

子供を産む前はオムツのゴミのことなんて考えたこともありませんでした。

 

そんな我が家ですが、実はオムツ用のゴミ箱を購入したのはごく最近です。

 

 

1.オムツのゴミ、今までどうしてたんだよ!?

 

いつものことですが、ゴミ箱探しをずっとしていて途中であきらめたパターンです。

 

だって、どう考えたって臭くなるじゃないですか。

だって、どんなに検索しても口コミに1人は「結局臭い」って書いてあるじゃないですか。

 

臭いってわかっていながら、なかなか買えませんよ。

 

だって私、ケチミニマリストですから。

 

そんな我が家の今までのゴミ箱は「段ボール」!!ドヤ顔。

 

 

2.なんで段ボールかっていうと・・・。

 

①紙は消臭効果があるらしい(多少)

 

紙は吸湿性と消臭性に優れている。

という話をネットで聞いて、それならば買わなくてもいいかな?と思い、段ボールにビニール袋をかぶせて、オムツゴミを新聞紙に包んでポイ。

 

②我が家のサイズと希望に見合うものが見つからない

 

やっぱりコストは大事。

カートリッジなど、維持費がかかってくるものは極力避けたい。

カラフルでいかにも「おむつ用ごみ箱」っていうのも避けたい。

初期費用だって大事。

そして役目を終えたときに、粗大ごみにならないものがいい。

我が家の狭い洗面所に置いても邪魔にならないサイズでないと困る。

 

ってなってくると、やっぱりなかなか見つからないんですよね・・・。

 

最初のうちは探していましたが、結局あきらめてしまいました。

 

 

3.でもやっぱり、もう限界。

2人目妊娠中に、オエオエ言いながら洗面所を通り、お風呂場へ向かっていました。

2人目妊娠中は、「今、つらい!」という思いが先行して、3人目を前向きに考えていませんでした。

なので、1人目のオムツが外れたこの状況で、今更オムツ用のゴミ箱はもったいないな・・・と思い、買い控えていました。

 

で、産まれたら結局これね。

www.gu-gu-life.com

 

ほんと、私って浅はか。

 

そこで、もう1度オムツ用ごみ箱を探すことになりました。

f:id:gu-gu-life:20170723050858j:plain

 

 

4.我が家のオムツ用ごみ箱

 

①そして我が家のオムツ用ゴミ箱がこちら。

 

パッキンが付いてるし、生ゴミがにおわないんだから、きっとオムツもにおわないのでしょう。

 

ニトリで1,500円くらいで購入しました。

 

サイズもOK

臭いもOKっぽい

デザインもOK

処分の時も不燃ごみでOK

 

よし、君に決めた!

 

とりあえず、内側にビニール袋をかけて、捨てています。

大の時だけさらに個別にビニールにくるんで捨てるようにしています。

 

②使用後1カ月の今

 

ふたを閉めていれば臭いは漏れてきません。

 

ただ、プラスチックなので臭い移りがありました。

1か月でもちゃんと臭いうつっちゃんだね・・・。

 

段ボールはそんなことなかったよ。

常に臭い開放してたしね。

 

晴れた日に洗剤でジャブジャブ洗って、天日干ししました。

なんとなく臭いはとれたようですが、こまめに洗ってあげたほうがいいようです。

 

 

5.餅は餅屋。

 

臭いが移ってしまったものの、洗面所の全体の臭いはかなり改善されました。

やっぱり(オムツ専用ではないものの)臭いを漏れない工夫がしてあるものは、その効果は歴然でした。

 

「紙に消臭効果がある」というのはもちろん嘘ではないと思います。

しかし限界もあるということです。

 

一番いいのは、子のゴミ箱を使用した上で、新聞紙に丸めて捨てることかもしれませんが・・・。

 

今のところは、臭い問題も改善されたので、よしとしています。