gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

猛暑の秋服~去年の学びを踏まえて秋服を楽しむ1つのコツ~

スポンサーリンク

いつの間にか店頭には秋服が並んでる・・・。

 

まだ猛暑日が続く真っただ中で、長袖が並び、半袖が追いやられている。

 

どうなってるんだ?日本人。

 

 

1.秋服が出回るのが早すぎる故の失敗

 

7月から徐々に秋服が出てるじゃないですか。

そうすると寒くもないのに冷房のガンガンにきいた店内で、ちょっと肌寒さを感じてみたりして・・・。

秋服がすこ~~~し恋しくなってきます。

単純に猛暑に飽きたというのもあるかもしれません。

 

お盆を過ぎると、不思議と秋モードなお姉さんたちが街中を歩いてる。

それでも外は猛暑。

 

もう肌感覚がイカれてるんじゃないか?って思う反面・・・。

自分も秋服にあこがれてしまってる・・・。

 

 

そしてついつい秋服買うんだけど、やっぱり着るには暑すぎて、11月までお蔵入り

 

いざ11月になると、さらに店頭に並ぶ秋・冬服に目が行って、真夏に買った秋服に真新しさを感じられなくなる。

 

そうして秋服を無駄にしてしまう。

 

これが私の秋服の失敗パターン。

 

 

2.去年の私は1つ学んだ

 

学んだこと・・・。

 

「秋服はあくまでも色や素材で楽しむ。」

 

これにつきます。

 

同じ半袖であっても、色はオータムカラーを選び、素材や柄は温かみ感じるものを選ぶ。

 

チェックを選ぶのなら、夏はギンガムチェックを選んでいたところを、秋ならタータンチェックを選ぶ。

 

色で選ぶなら、夏は明るめのピンクを選んでいたところを、秋なら紫よりのピンクを選ぶ。

 

f:id:gu-gu-life:20170721161421j:plain

ただし、間違ってもファー素材はまだ早い。

 

 

3.「買いたい」「季節を楽しみたい」気持ちを大切にする

 

店頭に服が並ぶと、やっぱり季節にあった服を着たくなります。

ミニマリストになっても、その熱量は減ったものの、服は欲しいものです。

 

「この猛暑の中、秋服なんて買ってしまうと、服を無駄にしてしまう」と思ってしまうのではなく

 

「この猛暑でも、徐々に近づく秋を楽しむために、半袖でも秋を感じる服を買って楽しもう」と思う。

 

 

あ、でもまださすがに秋服がほしいとは思えていないんですがね・・暑っ。