gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

MENU

子育てママの私の後頭神経痛を癒してくれた中山式快癒器レビュー。メリット&デメリット。

スポンサードリンク

以前、1歳の息子をエルゴでだっこして歩きまわっていたんですが、そのあと・・・。

 

頭の後ろと首筋に「キーーン!!!」と刺さるような痛みが数分毎の頻度で起こりまして・・・

 

やっちまったなぁ!!!

無理しちゃったぜ・・・と反省する日がありました。

 

 

1.だってしょうがないじゃないか。母親やってたらそんなもんだよ。

 

お母さん業やってたらさ、誰だって体のトラブルとの戦いだと思うんですよね。

 

やれ、腰が痛い。

やれ、肩がこる。

やれ、寝不足だ。

やれ、足がむくむ。

 

私だっておんなじ。

 

なのにうっかり忘れて、エルゴに頼っていたらやっぱり体が悲鳴をあげました。

 

おそらく自己判断で言う「後頭神経痛」ってやつだと思うんです。

 

 

2.私の実家で受け継がれる秘密道具。「中山式快癒器」

 

皆さん、この商品をご存知ですか?

 

私の母の祖母(私のひいおばあちゃん)が使っていたものだそうで、今は私の実家にあるんです。

 

日中は何食わぬ顔で畳の上で鎮座しているんですが、夜になると本領発揮。

母と私がとりあいっこして、1日の疲れをいやしています。

 

後頭神経痛になったその晩も、この中山式快癒器にお世話になりました。

 

■製造元HPはこちら

中山式快癒器|商品開発の歴史|健康器具・医療機器・衛生医療製品・健康食品・サプリメントの中山式産業株式会社

 

 

3.中山式をご存じの方も、そうでない方も、参考までに。

 

現在は、強弱機能が付いていたり、首用、腰背中用というのが販売されているようです。

実家は昔ながらの木製の首用です。

私の家は強弱機能付きの背中腰用です。

昔ながらの木製がほしかったな~。

 f:id:gu-gu-life:20170720081330j:plain

①いいところ

・寝ているだけで癒される

・強めで圧がかかる

・短時間で癒される

・合わせる位置を変えることで、好きなところに圧をかけられる

・背中腰用でも首に使えなくもない

 

 

②ここがちょっと・・・

・持ち運びには不便

・子供のおもちゃになってしまう

・個人的に強弱機能はあまり使わない

 

こんな感じです。

今まではくびねっこという商品を使っていました。

しかし首も腰も手間無くケアできるようになったので、今後は中山式1つになりそうです。

 

 

 

と、力説してしまいましたが、私はこれで後頭神経痛をいやしました。

できれば医者にかからずに済ませたい・・・。

 

お母さん業をやってしまうと、ついつい無理したり、自分のことを後回しにしてしまうけど、ちょっと自分の癒しのためにお金を使ってみました。。。

 

これでしばらくは癒されたいと思います。