gu-gu-life’s blog

3歳&1歳の2児の母!試行錯誤なシンプルライフ日記。WEB&イラスト未経験ですがペンタブに挑戦中!

帰省時の荷造りを娘とすべく、一緒にイラストを描いてみる

もうすぐ帰省です。

 

無事に遠くの四国へたどりつけるのか、いつも不安です。

 

前回、私の実家に帰った時に、電車で帰ったよ~的な記事を書きました。

www.gu-gu-life.com

 

今回は、ここに夫が加わるので、車で行く予定です。

 

 

そこで、娘にも荷造りを手伝ってもらったり、向こうでの生活のイメージを沸かせるために、準備するものを一緒にイラストで描いてみてはどうか?

 

と思い、チャレンジしました。

 

 

 

1.早速イラストをどどーん

 f:id:gu-gu-life:20170804184241j:plain

見づらくてごめんなさい。

息子にクシャってやられました。

クシャ・・・。

 

 

2.娘にイメージさせたいこと

 

①出発日の前日にはイラストの荷物を作っておくこと

 

いつもは私がちゃちゃ~っとやってしまう荷造りですが、今回は娘にも手伝ってもらおうと思います。

 

「夫の実家に行ったら、何日か過ごすのに何が必要なのか?」

 

を、娘に尋ねながら、イラスト化してみました。

(娘はまだ字が読めないのでね…)

 

②出発の前々日から、イラストの中の服は着れないよと認識させる

 

うちの娘は服装へのこだわりが強いです。

特に1歳半から強烈なこだわりが始まり、最近では徐々に落ち着いてきたものの・・・。

 

今この服を着たい!

今日はこの服を着たい!

 

という想いがあるのは別にかまわないのですが、準備した服の中から着てしまうと、それはそれで面倒なので、その辺のイメージをつけてほしいと思いました。

 

 

③ワクワクさせたい

多分、これが一番の本音でしょうか。

荷造りから遊びの一環として楽しんでいきたいよね、というほんの親心です。

 

 

3.ワクワクが止まらない

 

イラストを描くのが早すぎました。

出発前の1週間前に、なんとなく思いつきで描いたんですね。

 

そしたらその1週間、ずっと「まだ?ばぁちゃんち、まだ?」と聞いてきます。

 

カレンダーをみて教えるのですが、当然理解できず。

 

イラストで荷造り準備をしてみたのですが、これもまたタイミングが大事なようです。

 

 

余談ですが、最近、ジブリの魔女の宅急便を繰り返し見ています。

キキが夢を抱いて、海が見える街を目指す姿を見て、海の近くの街に憧れた記憶を思い出しました。

 

キキの年頃で敏感な気持ちを、今なら可愛らしく思うことが出来、「あぁ私も年をとったんだな」と思います。

 

この映画も夏休みにぴったりですね。