gu-gu-life’s blog

3歳&1歳の2児の母!試行錯誤なシンプルライフ日記。WEB&イラスト未経験ですがペンタブに挑戦中!

2年制の公立幼稚園を選んだお金以外の2つの理由。

りんごさんが昨日、こんな記事をアップされていて、ふと去年のことを思い出しました。

【体験談】実際にのびのび系幼稚園に通わせて思ったこと。 - りんごの時間。

f:id:gu-gu-life:20170803081106j:plain

いつものように私も乗っかってみます。

そして勝手に描いてみました。。。

 

 

私の暮らす地域では、公立の幼稚園は2年制です。

 

「今時珍しいね」

 

とよく言われますが、こればかりはもがいても仕方がないのですが・・・。

私立の幼稚園を選ばない限り、4歳児になるまで家で過ごすことになります。

 

 

1.私の暮らす街

 

各地域で色々な制度や施設があると思いますが・・・。

 

私の暮らす地域では、私立の幼稚園はまだ多くはありません。

 

もちろん私立の幼稚園に通う子供たちもいますが、受け入れの人数的にも、保育園や2年制の公立の幼稚園に通う子が多いイメージです。

 

娘が2歳の頃に仕事を辞めたので、4歳児になるまで家で過ごせるのか?という不安もあって、一度は私立の幼稚園を考えたこともありました。

 

f:id:gu-gu-life:20170721075442j:plain

しかし断念しました。

 

2.2年制でも公立の幼稚園を選んだ理由

 

 

 

①一番は学区です。

 

 

まだまだ私立の幼稚園が少なく、通わせようと思うと小学校とは違う学区になります。

 

これが私にとってはネックでした。

実は私も小学校と保育園の学区が違うんです。

 

今の時代、保育園出身なら、両親の仕事の関係上、学区外の保育園に通うことは多いかもしれませんが、私の時代では少数派でした。

 

私が保育園を卒園し、小学校に入学した時、同じ保育園から一緒に上がってきたのは、私を含めて2人だけでした。

しかも違うクラスになってしまい、とっても寂しい思いをしました。

 

小学1年生なりに、1人ボッチであるという疎外感を感じ、そのままなじめずに小学校生活がスタートしました。

 

近所の子も男の子ばかりで、なかなか女の子の友達ができず、低学年の頃は学校がきつかった思い出があります。

 

子供の性格的なものもあるので、学区が違っていてもすぐになじめる子もいますし、友達がたくさんできる子もいます。

 

それは人それぞれとわかっていながらも、自分が味わったつらい経験を、娘にさせたくないと思って、同じ学区の幼稚園を選びたいと思いました。

 

 

②近所の公立の幼稚園がノビノビ系だった 

私の暮らす街は田舎なので、当然幼稚園でも広々しているところが多いです。

遊具や運動場、砂場など。

 

学区はずれるけど、近くにも私立の幼稚園があると聞き見学に行きましたが、運動場が超狭い。笑

 

運動会とか保護者も楽しみにしているのに、どうしてるんだろう?

子供たちはこの運動場で、工夫しながら遊んでいるのだろうか?

 

そう思ったのは私だけでなく、近所のママさんたちも同じ感想だったようです。

 

そんなモヤモヤの中、近所の公立の幼稚園の運動会に行ったところ、超アクロバティックな運動会に衝撃を受けました。

 

詳細は控えますが

「幼稚園児ってこんなに生き生きしてるんだ」

「5歳になると、こんなことができるようになるんだ」

 

と感動したのを覚えています。

この運動会の日を境に、夫も近所の幼稚園への印象が、かなりよいものに変わって行ったようです。

 

 

大きくは上の2つが、私が2年制でプレもないけど、公立の幼稚園を選んだ理由です。

 

 

3.とは言うものの、待ち遠しい入園。

 

うちの娘は積極的な方ではありませんが、私にべったりというわけでもありません。

 

今は週1回、幼稚園で行われる3歳児向けの広場に遊びに行っていますが、とても楽しいようで、早く幼稚園に通いたいと言っています。

 

広場でできたお友達もたくさんいるので、幼稚園生活に大きな不安もなく・・・。

どちらかといえば、私も娘も待ち遠しいという状態です。

 

 

まぁ、そりゃそうですよね。

 

3歳8カ月なんでどこに行っても、だいたい最年長です。

背も大きい娘は、どこに行っても結構目立ちます。

 

家では弟に気を遣い、外では小さい子に気を遣う。

他の地域の子育て支援の広場に行けば「保育園ですか?幼稚園ですか?」と必ず聞いてくるスタッフ。

毎回同じ質問をしてくるスタッフに「2年制の地域もまだあるんだよ」と心で毒づきながら、「まだなんです~」と愛想笑い。

 

たまにふと、やっぱり1年だけでも私立に入れるべきだったか?

なんて思うこともありますが、気が付けばこんな生活も2年が過ぎようとし、娘も入園まであと半年ちょっと。

 

入園準備などを思えば、あっという間かもしれませんね。

 

幼稚園が夏休みに入ったこの時期、子供たちを街中でたくさん見かけるようになりました。

きっと他のお母さんたちも似たような思いをしながら、今があるんだなって思いつづってみました。