gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

MENU

帰省時のお土産問題!いい嫁を演じたい私が選ぶ手土産

スポンサードリンク

もうすぐお盆ですね。

 

皆さんはどこか行かれますか?

 

え?私ですか?

 

そりゃあもう、夫の実家ですよ。

 

 

1.お盆と正月は帰省だけで小旅行

 

私が暮らす近畿圏から車で片道5時間ほどのところにある四国。

そこに夫の実家があります。

 

お盆、正月、プラスαで年に何回か遊びに行かせてもらっていますが、車で片道5時間となると結構な小旅行です。

 

なので、我が家は基本、実家へ帰省以外の旅行や遠出はありません。

 

金銭面的にというよりも、移動だけで疲れてしまい、他の連休で遠出をしようと思えないからです。

 

2.手土産にいつも悩むのはいい嫁に見られたい下心があるから

夫の実家に帰ったらそれで終わりではなく、いくつか親戚の家にあいさつ回りをします。

もちろん実家と同じく手土産がないと寂しいので持っていきます。

 

実家への手土産と、親戚への手土産。

私は2種類の手土産をいつも用意しています。

 

①実家への手土産

 

義理っぽいものにしたくないと言う私の見栄がいつも手土産選びをこじらせます。

 

どこかへ出かけた際のお土産

自分たちが食べたら美味しかったもの

ご当地のお土産

 

という、ちょっとワクワクしてもらえたらと思い選んでいます。

 

しかし、毎回そんなものがあるわけではなく、いつも困っています。

f:id:gu-gu-life:20170719081715j:plain

 

②親戚への手土産

 

これはあいさつ回りのついでのようなものなので、あえて義理感のあるものにしています。

特別なものを持っていっても、相手にそれを求めるようで、お互い大変なので。

 

実家へ持っていくものとは値段で分けたり、百貨店やSAのような定番のお土産を持っていくことが多いです。

 

 

③共通しているポイント

・日持ちするもの

・もらった相手が食べきれる量(食べ物が多いので)

 

をポイントにしています。

実家といっても、どこも60代夫婦の2人暮らしなので、余り大きなものを持っていっても処理に困ります。

小さくて粗相のないようなものを。。。と思っています。

 

 

3.過去に持っていたもの

 ■久世福商店のクラッカー&ジャム

 

 

■まるこしのお漬物セット

 

まるこしの御漬物 | 百年、つけもの一心 まるこし

 

■坂角総本家

坂角総本舖(えびせんべい ゆかり)

今年も7月に私の実家に帰省していたので、こちらのせんべいを手土産にしました。

 

■えびせんべいの里

えびせんべいの里-豊かな恵みをお届けします。

 

下2つは東海地方の方にはおなじみのお菓子です。

が、関西では残念ながら知名度が低いです。

 

えびせんべいの里のお土産とか、私の実家ではもらうとすぐなくなるくらい人気なんですが・・・。

 

 

4.その他「母の日」「父の日」「お歳暮」は定番化しています 

 

www.gu-gu-life.com

 

 

手土産も両親に好評なものがあれば、きっとそれを買い続けるのですが、いまだ「これだ!」というものがなく迷走中です。

スポンサードリンク