gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

MENU

絵本棚~海水浴・プール編~

スポンサードリンク

7月に入って、とっても暑い日が続きます。

そろそろ夏休みへのカウントダウンをしているお子さんもいるのでしょうか。

夏といえばやっぱり「海」「プール」ですね。

 

海やプールに行く前に、こんな本はいかがでしょうか?

 

 

1.あしたプールだがんばるぞ(寺村 輝夫さん、いもと ようこさん)

■本の概要

泳ぐのが苦手なわんすけ。あしたから学校でプールが始まるので憂鬱な気分。そんなわんすけに、えびや魚、カメが泳ぎ方を教えてくれ、わんすけも泳げるように・・・。

■対象年齢

3歳~(絵本ナビより)

■感想

 やってみたらできるかもしれない、と思えるきっかけをくれる絵本です。いもとようこさんの爽やかなイラストで夏を感じさせてくれます。

 

2.ぐりとぐらのかいすいよく(中川 李枝子さん、山脇 百合子さん)

■本の概要

ぐりとぐらが海で遊んでいると、海坊主からの手紙が流れてくる。海坊主のお願いを聞く代わりに、泳ぎ方を覚えるぐりとぐら。

■対象年齢

4歳~(絵本ナビより)

■感想

波が気持ちよさそうな絵本です。泳ぎ方を教えてくれる絵本で、イルカジャンプはついついまねしたくなりますね。子供と一緒に読みながら布団の上でまねしてみるのも楽しいかもしれません。

 

 

3.ノンタンおよぐのだいすき(キヨノ サチコさん)

■本の概要

海で迷子のちびっこカメさんにあったノンタン。ちびっこカメさんのママを探してタコやカモメに尋ねて回ると、海の中で大きな魚に遭遇。逃げるノンタン達ですが・・・。

■対象年齢

3歳~(絵本ナビより)

■感想

私はよく絵本を読んであげた後に、フィードバックのつもりで、感想を聞いたり、感じてほしいなと思うことがあればそれを伝えたりします。今回の絵本は「海でママやパパと離れてはダメだよ」というのを子供ながらに理解できる絵本かなと思い、そう伝えました。

 

 

■他にも気になる絵本

スポンサードリンク