gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

洗濯機ラックを手放した4つの理由

スポンサーリンク

新婚当初、賃貸のアパートに住んでいました。

そのころは洗濯機ラックを持っていました。

 

そこはトイレやお風呂へつながる場所と洗濯機置き場、洗面所を兼用しており、色々なモノの収納が必要とされていました。

 

当時は、ミニマリストという言葉を知らなかったので、モノは数も種類もたくさん持っていて、ストックも今より多かったように思います。

 

 

1.アパート時代の洗面所

f:id:gu-gu-life:20170710094735j:plain

 

収納を試行錯誤し、少しでもオシャレに見せたいので、無駄なものが多かったです。

いつも「使いにくい」「収納が少ない」と思っていました。

 

 

2.今だったらこう住む

f:id:gu-gu-life:20170710094804j:plain

 

3.洗濯機ラックを断捨離した理由

 

今の家を建てて、引っ越しをした際に洗濯機ラックを処分しました。

その理由は大きくは4つです。

 

①洗面所が暗くなる

今の家は洗濯機置き場の後ろに小窓があります。洗濯機ラックを置いてしまうと光の入り口をさえぎってしまい、換気ももちろんのこと、採光も悪くなってしまいます。

 

②置き場は増えるが使い勝手が悪い

確かにバスタオルがおけたり、洗剤がおけたりします。

しかし洗濯機ラックの棚板は網目状になっていたので、そこからすり抜けるモノが出てきます。

またかごをおいても引き出す際に引っかけてしまい、使いにくかったです。

 

 

③洗濯機周りの掃除が面倒

賃貸だと水漏れ防止などに洗濯パンが設置されているところが多いと思います。

洗濯機ラックのサイズ的に、洗濯機パンに足場を乗せるか、どちらかをひっかけるかしなくてはいけません。

ただでさえ洗濯機下の掃除が面倒なのに、洗濯機ラックもさらに邪魔をして掃除が面倒でした。

今の家は洗濯機パンがありません。洗濯機周りの掃除がさらに楽になりました。

 

④圧迫感がすごい

①にもつがりますが、身長155センチの私をはるかに超える高さです。上の棚のものは取りにくくて仕方がなかったです。

自分の背より高いものはやはり圧迫感がすごいです。

今の家では自分の腰より高い家具は買わないようにしています

 

www.gu-gu-life.com

 

 

 

4.収納を増やすより「モノの種類を減らす」「モノを循環させる」

我が家の洗面所はせまいので、置くスペースがありません。

その分、モノの種類を減らし、ストックを持ちすぎないことでモノを循環させていくことを心がけています。