gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

近所のスーパーの特売情報を知らない我が家の食費事情

スポンサーリンク

我が家は新聞をとっていません。

 

新聞をとっているご家庭が少なくなっているとか

ネットで十分だとか

いややっぱり新聞の方が地域の情報も詰まっているとか

新聞読まないとかほんとに社会人かよ

 

と色々言われますが、取っていないです。

知りたいことはテレビから嫌でも情報が入ってくるし、知りたいことは自分から調べるので、今のところ「ここ!」と困ることはありません。

 

しかし、1点だけ。

 

しいて言えば、スーパーの特売情報が分からない!ということ。

 

 

1.我が家の食費事情

我が家は月3万円を食費として月初めに食費用の財布に入れておきます。

1週間5,000円程度で様子を見ながら買い物をします。

だいたい1か月5週ほどあるので、うまくやりくりできれば5,000円余ります。

 

それでオムツ、不足している調味料、洗剤、ごみ袋などを買うようにしています。

 

もちろん、たまにはみ出してしまうこともありますが、5,000円以上オーバーすることはありません。

 

 

2.我が家のやりくり

前提として、それぞれの実家からいただくものもあります。

 

・お米→夫の実家からいただきます

・野菜→半年に2回ほど?、私の実家から送られてきます

・その他→私の実家には2カ月に1回、夫の実家には年に2回帰省しています。その度に両親が買い込んだお菓子や調味料やインスタント食品をもらいます。

 

 

①安さに釣られて遠くまで行かない

ディスカウントスーパー、大好きです。

でも結局「安いから」と言って買いすぎてしまいます。

 

最近はお買い物袋、1袋くらいを目安に近所のスーパーで買っています。

 

 

②食材は使い切る

最近、ほんとに捨てることがなくなりました。

以前はインスタント食品や調味料、足の速い野菜を腐らせたり期限切れにさせてしまうこともありました。

よく考えれば、①の安いスーパーで「お得!」と買い込むもの「使いなれない食品」や「ちょっと試しに買ってみたインスタント食品」「まとめ売りで安くなっている野菜」などが多かったです。

①を止めたことがおのずと②につながっているように思います。

 

 

③いつも買うものの量とタイミングを知る

買い物は1週間単位が考えやすいです。それ以上だと食材の腐らせてしまい、それ以下だと過度に買い物をする羽目になってしまいます。

 

我が家の場合、

牛乳2本、豆腐3丁、たまご1パック、食パン2袋、ハム1束、ウインナー1袋、おまめさん1袋、魚肉ソーセージ1束など・・・。

1週間で必ず使うものの量を頭に入れておくと買い物のタイミングも定まってきます。

 

そのためには冷蔵庫の中で食材の定位置を決めておくと、量や買い物のタイミングが分かりやすいです。

www.gu-gu-life.com

 過不足なく買い物ができると、無駄な買い物もへります。

 

 

④買い物袋1袋分の買い物を意識する。

買い物に出かけてカートにかごを入れると、「ヨシ!」と買い物スイッチが入って買い物を楽しんでしまします。

しかし最近では買い物袋1袋にまとまるように買い物をします。

そうするようになった大きな理由は自転車に乗せられないからです。

 

ただ、この方法を始めて以来無駄な買い物は無くなりました。

 

 

⑤「水」「水分」を多く含むものにお金を払わない

常備している飲料水は別です。

買い物の量を減らそうと思った時に、水分の多いものに限って大きくて重たいです。

 

ジュースは粉や薄めて飲むようなものを。

海藻は乾燥タイプを。

めんつゆはストレートより濃縮タイプを。

 

ありきたりなことでも、ちょっと見直すと変わってきます。

 

 

3.最後に

結婚当初はもっとストイックに節約していました。

 

でも 子供ができて、自分も余裕がなくなってきたなと感じているので「ストレスを伴う節約は控えようと思うようになりました。

 

「今月はあとこれだけしか使えない」

「あのスーパーの方が100円も安かった」

「今日は特売日だ!買うぞ!!」

 

と日々考えていると、なんだか気持がささくれてしまいます。

 

外食やおやつも楽しみながら、でもちょこっとの工夫で家計を軽くしていきたいと思っています。

f:id:gu-gu-life:20170706065251j:plain

描いたのはいいけれど、使いどころのないイラストをちょっと使ってみました・・・。