gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

MENU

絵本棚~夏祭り編~

スポンサードリンク

梅雨が明けると、そろそろ地域でのお祭りの日程が出てくるころではないでしょうか?

地域のお祭り、小さいものから大きいものまでいろいろあると思いますが、予習がてら夏祭りに関する絵本を読んでおくのも、楽しみの1つかもしれません。

 

我が家では子供用の月刊誌をとっているのですが、やはりタイムリーに夏祭りのページもあり、そこで見たものがお祭りに行った際に見ると、うれしさも倍増するようです。

 

娘はチョコバナナを食べたがっていて、お祭りで食べることができたのがとっても嬉しかったようです。

  

www.gu-gu-life.com

 

 

 

1.わにわにのおでかけ(小風 さちさん、山口 マオさん)

■本の概要

なかなか眠りにつけないわにわにが、たくさんの人の足音に引き寄せられてついた先が、夏祭り。お店を回って、満喫して家に帰るわにわに。

■対象年齢

2歳~(絵本ナビより)

■感想

やっぱりシュールなわにわに。わにの目線で描くからこそ、土のにおいや虫たちの泣き声がリアルに感じられます。好きなシーンは「おいで、かわいいきんぎょちゃ~ん」っというところです。金魚をすくうようにして娘と読んでいます。

わにわにのちょっと独特なイラストのタッチが、こんなにも夏祭りに合うとは!わにわにの中でお風呂の次に好きな絵本です。

 

 

2.ねこのはなびや(渡辺 有一さん)

 

■本の概要

猫の花火師たちが1年に1度の大舞台でたくさんの花火でお客さんを沸かせ競います。

■対象年齢

4歳~(絵本ナビより)

■感想

打ち上げ花火を見たことがある子であれば、きっとあの夢のような光景を思い浮かべながら絵本を見るのかなと思います。

広げて読めるページもあり、様々なタイプや色の花火がダイナミックに楽しめます。

 

 

今回は2冊と少なかったので、ちょっと図書館でも探してみようと思います。

また読んだら追記していきます♪

 

 

■気になる絵本 

 

スポンサードリンク