gu-gu-life’s blog

3歳&1歳の2児の母!試行錯誤なシンプルライフ日記。WEB&イラスト未経験ですがペンタブに挑戦中!

読書日記「123人の家」・・・アクタス

 インテリアショップ「アクタス」で働く社員の方々の生活や住まい、ご家族などを取材したこの本。

2017年5月末頃に待望の最新刊が発売されています。

 

 「123人の家 VOL.2」

表紙が「125」なのは123人+2人だそうです。

何が+2人かは、中を見ればわかりますよ♪ 

 

 

 

■本の紹介

 

1.アクタスサイトより

サイトを覗いてみるとまさかのセール中ですね。

ACTUS(アクタス)|インテリア・家具・ソファ・チェア・テーブル・ギフト

 

 アクタス内での本の紹介はこちらです。

3年ぶりの新刊「123人の家」全800ページにボリュームアップして登場|ACTUS(アクタス) インテリア・家具・ソファ・チェア・テーブル・ギフト

インテリアショップ「アクタス」で働く社員の家を撮影・編集した「123人の家」待望の新刊です。
お宅訪問本のブームの先駆けとなった「123人の家」は、「vol 1」と続編「vol 1.5」で、トータル18万部を発行し、Amazonの書籍販売ランキング「総合2位」、「インテリア部門1位」を記録しました。
待望の新刊「123人の家 vol 2」は、3年の歳月を掛け、1都2府26県で123人+2人のリアルな暮らしを取材しました。今号もアクタス社員、パートナーショップスタッフ、アクタスOB・OG、そしてお客様邸まで。
前2巻よりさらにパワーアップした全800ページ。インテリアテイストもバラエティーに富みページをめくる度にさまざまなお宅を旅する気分になれる一冊です。 

 

上記リンクからは、ためし読みもできますので、良かったら。

インテリア系の本としては1,000円で、比較的お値打ちの割に、辞書くらい分厚い本なので、読みごたえもあります。

 

 

2.今回の特徴

 

360℃のパノラマ動画が体験できるそうです。

「123人の家 VOL.2」の本にあるすべてのお宅が360℃、音楽つきで見れるそうです。

 

見るためには無料アプリ「AR」をダウンロードする必要があるそうです。

 

サンプルを拝見しました。

すごいですね。

 

以前無料ブログをやっていたころに、家の様子を写真で撮ったりもしましたが、どりゃあもう準備・片付けあってのものでした。

ブログでも毎日の姿というよりかは「今の我が家の最上級の姿」って感じでしょうか。

 

なので、カメラより後ろは見せられるもんではなかったりね・・・。

 

今回は、そんなカメラの後ろ側も見ることができるのです。しかもBGM付きで。

 

インテリア雑誌の常識が崩れちゃう。

 

 

■本の感想

 

1.心惹かれるのは、すっきりシンプルなお宅

たくさんのご家庭を覗かせていただきました。

さすが有名インテリアショップ社員さんのお宅です。

 

どこのお宅もこだわりぬいた家具や、家を彩る雑貨でたくさんでした。

どのお宅も個性的で、その方の趣味や暮らしぶりが見えるような感じです。

ほんとわくわく。

 

でも、心惹かれるのは「こだわりぬいた家具が映える、シンプルなお宅」でした。

 

シンプルなお宅にメインになるカラーがあったり

引き算で計算されたリビングにメインになる家具

どこまでもつづく白い壁と床

 

そういうのを見ると、わくわくします。

 

「シンプルでもここまでできるんだ」って可能性を感じます。

 

 

2.インテリアにわくわくを

 

ミニマリストを目指していると

「すっきり見せる」

「ものは置かない」

「色は白で統一」

「楽できる収納」

と、効率やストレスフリーなことばかり考えてしまいます。

 

でも、家族が楽しく暮らす家。引き算をしつつも、もっと「わくわくするインテリア」を目指していけるといいなと思いました。

 

私の場合は子供が遊び(アスレチック?)、学ぶ(図書館)ことができる、学校のような収納やインテリアだったらわくわくするなって思います。