gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

MENU

採用担当経験者だからこそ子供に伝えたい「仕事を選ぶこと」

スポンサードリンク

実はですね・・・私は採用担当経験者です。

 

小さな会社でしたが、中途採用と新卒採用の面接官をしていて、パートや正社員の雇用形態や、専門職、事務職、営業職など様々な職種の方を見てきました。

 

でもね、新卒採用だけはほんと特別なんです。

たくさんの会社をほぼ同等で見て知ることができる。そしてチャレンジすることもできる。

ほとんどの中途採用では限られた求人票の中でしか仕事は選べません。

会社が説明会をしてくれることもインターンシップをすることもありません。

新卒採用っていわばプラチナチケットのようなもので、もう二度と手にすることができないものなんです。

 

もしも自分の子供たちがその機会を得ることができたなら、こんな視点で仕事について考えてほしいなと思っています。

f:id:gu-gu-life:20170618195814j:plain

 

 

 

1.喜びの大きいことを仕事として選んでほしい

 

私は仕事は、それを通じて社会に貢献することだと考えています。

以下、会社で働くという立場から話しますが・・・。

 

業界、業種など様々ありますが、どんな仕事に就いたとしても、そも根底のない会社は5年10年、早ければ1年ともたないものだと思います。

 

世の中を良くすることを常に考え、ボランティアではなく利益を生み出し続ける仕組みを確立することで、5年、10年とつながっていき、社員を雇い続け、会社を大きく成長させ、世の中への影響力を高めていく。

言葉で言うのは簡単で、作り上げた仕組みが社会に受け入れられるかは難しいところですよね。

でも、それが理想像であり、その姿を追い求めることが会社のあるべき姿だと考えます。

 

しかし、今の学生さんはその根本を知らないまま就職活動をします。

 

「過労死」「社畜」「ブラック企業」なんて言うニュースが出る今の世の中で、きっと社会に出ることへマイナスなイメージを持っているんだと思います。

 

外で働いていない今の私にできることと言えば、自分の子供たちに経験した仕事の喜びを語ってやることでしょうか。

楽しいことばかりが仕事ではない。

世の中で不便なものを解消していくことでお金をいただくわけですから、それなりの労力も必要です。

しかし、結果として喜びがある。

そこを理解してもらえるように伝えていけたらいいなと思います。

 

そういう絵本、もっと探していこうかな。

 

 

2.会社を通じて社会にできることを考えてほしい

その次に考えること。

「自分がどんな分野で喜びを作りたいと思うのか?」

インフラ、金融、医療福祉、行政・・・。

私はどこでも正解だと思います。

 

できれば進路を考える時期にはそれが決まっていると、いいかもしれませんがなかなか難しいですよね。

それであれば、専門分野に進まなくても、就職活動の時期や学生時代にゆっくり考えるのも有りだと思います。

ちなみに私は就職活動の時期に定まりました。

通っていた学校とは全く違う分野でしたが、この会社であれば「世の中に貢献できる自分に出会えるかもしれない」とわくわくしたので、そこに猪突猛進でした。

 

文字にしてしまうとぺらっとしたような言葉だったかもしれませんが、そこをしっかりと考えている学生さんは、私がお会いした方の中ではごく少数でした。

そう言う方と一緒に働きたいと思ってしまいます。

ただ、そう言う方はどこに行っても引っ張りだこなんですよね。

ほんと、それくらい違います。

 

そこをしっかりと理解して就職活動に挑めば、他の学生さんとの差は大きく、希望の会社への道ももしかしたら明るいのでは?と思います。

 

 

3.最後に

「スーパーマンになりたい」

「消防士さんになりたい」

なんて夢を描く子供たちの方が、実はそういうことを本能で分かっているのかもしれません。

 

私の子供にはまだ先のことかもしれませんが、いずれ迎える社会人生活。

「難しいから」と遠慮せず、今の時期から伝えていけることは伝えていってあげれるといいなと思います。

 

 

こういうの、高校生のころに見聞きしていたら、色々感性や進路も変わってたのかなって思う。

世の中に出たら、モチベーションが高い人なんていっぱいいるんだもんね。

講義一覧:「超」教養講座

  >>講座「社会起業家という生き方」:「超」教養講座

 

 

うん、色々見たり聞いたり考えたりしたうえで、将来のこと考えてくれたらうれしいなと思います。

うちの子の場合は、まずは絵本かな。

 

まずはこの辺なんてどうかな?

  

スポンサードリンク