gu-gu-life’s blog

3歳&1歳の2児の母!試行錯誤なシンプルライフ日記。WEB&イラスト未経験ですがペンタブに挑戦中!

子育て便利グッズの「とおせんぼ」のもやっとを解決

我が家では、「とおせんぼ」という子育て便利グッズを多用することで、日中のヒヤッとからかなりの場面で解放されています。

 

しかしですね・・・。

 

「とおせんぼ」の最大のデメリットは、通せんぼしなくていい人まで通せんぼしてしまうこと。

その「通せんぼして欲しくない人」とは上の子のことです。f:id:gu-gu-life:20170610082611j:plain

 

 

■「とおせんぼ」について今さらですが

我が家ではこの突っ張り棒タイプを使っています。

0~1歳のこの力には負けない突っ張り具合なので、安心です。

 

最近ですと、置くだけのタイプもあるので、柱(もしくは壁)の向かい合わせが真っすぐでない場合や、柱(もしくは壁)がないところでも使えて便利ですよね。

 ちょっと割高ですが。

 

 

こういったベビーゲートを息子が寝返りをするころに合わせて、リサイクルショップで買いました。

娘の時は、大人1人に対して子供1人だったので、何とかなっていたのだと思います。

 

 

■上の子が通れない問題の解決策

 

簡単ですが、我が家では踏み台をところどころに置いています。

「とおせんぼ」1台につき、踏み台を両サイドに1つずつ。

 

とおせんぼを現在2台置いているので、そのための踏み台を4つ置いていることになります。

 

そして踏み台では危ない所に関しては、扉式のベビーゲートを置いています。

じゃあ全部、扉式にすればいいじゃないかと言われそうなのですが、扉式は倍ほど値段がするんです。。。一時のものにそこまでかけられない。

 

あ、「抱っこしてあげればいいじゃない」なんて思うかもしれませんが、「ちょっと自分で行ってほしい!」って時もあるので、やっぱり上の子は通せんぼされない方法は、私には必要でした。

 

 

■踏み台が増えてしまうのが悩み

 

踏み台が4つもあるのがちょっと悩みですが、たちまち困った状態であるわけではないのでこの方法で、早半年が経ちます。

 

ちなみに、踏み台は折りたたみ式のもので、安くなっているところをホームセンターなどで見つけて購入しています。

 

今後、この踏み台が、外でバーベキューをするときや、お客さんが来たときの子供いすなどに活躍してくれるといいのですが・・・。

 

どこのお宅でも「あるある」の悩みだったりするのでしょうか。

 

 

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com

www.gu-gu-life.com