gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

クローゼットの折れ戸を外したい

スポンサーリンク

我が家にはクローゼットが3つ、収納庫が1つ、納戸が1つあります。

納戸を除くと、すべてに折れ戸が付いています。

 

 

■折れ戸・・・。みなさんどうなんでしょうか。

正直言うと、クローゼットの折れ戸が好きではありません。

しかし、建築時に何も考えていなかったので、我が家のクローゼットと収納庫はすべて折れ戸になっています。

 

いつか、決心がついたら折れどをすべて外して、ロールスクリーンかカーテンに変えたいなと思っています。

 

 

<折れ戸の不便なところ>

・デッドスペースがある

折れ曲がる分のスペースが部屋に必要になります。また、折れた扉の分、引き出しをクローゼット内に設置することはできなくなります。

そのデットスペースに埃がたまったりします。物を置いても、出しにくくなるので、皆さんどうしているのでしょう・・・。

・開けにくい

実家に折れ戸がなかったので、かなり不慣れです。ふすまかドアタイプとかのほうがかえってありがたい。

 

 

<折れ戸の良かったところ>

・開けにくい分、子供のいたずらは防げる

子供たちが寝室や子供部屋でクローゼット内にいたずらをすることは今のところありません。

・地震などの時に、物が落ちてこない

・見た目は良い

 

 

たぶん、少しずつはずしていくと思います。

寝室も子供部屋も小さめなので、折れ戸の分のスペースを確保していくよりかは、部屋を少しでも有効活用したいと思っています。

そしてロールスクリーンやカーテンのほうが換気もしやすいので。

 

ちなみに外す方法は調べ済みなので、子供たちがいたずらをしない年になったら、地震対策もそれまでに行いつつ、外すかな~と思います。

 

f:id:gu-gu-life:20170605091715j:plain

 

■クローゼットの使い方はいつも模索しています

 

折れ戸に慣れていなかったため、クローゼットの使い方がイマイチ上手になれません。

先に述べた収納法もそうですし、力の加減ができず、両端のストッパーがゆるんだりと、うまく付き合えていないのが現状です。

 

クローゼットとの付き合い方が下手なせいで、なかなかクローゼットの収納がバチッと決まらず、定期的「クローゼットの中身どんな感じだっけ?」と整理整頓をしている状態です。

 

 

まだまだ悩みの段階ですが、今後、解決策を模索していきたいと思います。