gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

最近のトイレ掃除

スポンサーリンク

妊娠時は気持ち悪くなってしまうためトイレ掃除ができず、しばらくの間、主人にまかせっきりでした。

 

しかし出産後はトイレ掃除をもっと自分でしたいと思うようになり、週3日程度の頻度ですることができるようになりました。

 

毎日やったほうがもちろんいいのでしょうが、無理は禁物だと思い、ゆるくやっています。

 

ただ、週に3回でも、やり続けているとトイレ掃除も「汚れを落とす」と言うよりは「清潔に保つ」方へ徐々に変わってくるものだと実感しています。

 

トイレ掃除は金運をあげたり、美人になったり、出世するなど、よく聞きますが、そういった実感はなくとも、トイレがきれいなだけで気持ちがよいと感じるのは確かなのかなと思います。

 

■トイレ掃除before

 

以前のトイレ掃除はごく一般的な方法です。

①便器に洗剤をかける

②ブラシでまんべんなくこする

③水を流して終了

 

以前の方法では日々の便器の掃除ばかりで、床や壁などそれ以外の場所を掃除するのは月に1回あればいい方でした。

 

 

■トレイ掃除after

 

現在はトイレの室内全体を綺麗にするイメージで掃除しています。

①ウエスに次亜塩素酸水を吹きかける

②トイレ室内の上の方から拭く

③最後に便器に次亜塩素酸水を吹きかける

④便器を拭き終了

 

この方法だとトイレ室内全部が掃除できます。

その上、臭いもすっきりします。

 

次亜塩素酸水はノロにも効果を発揮してくれるのですが、それ以上に消臭効果を感じて使っています。

こういったスプレータイプの物を使っています。

子供もいるので、安全面にも配慮された製品は安心して使えます。

 

トイレ用洗剤だと100円そこそこで売っている半面、こちらは400~500円程するので少し効果かもしれません。

しかし、消臭効果はトイレ用洗剤や芳香剤等を使うよりもいいなと感じているので、気に入って使っています。

 

f:id:gu-gu-life:20170505130530j:plain

 

■トイレ掃除で変わったこと

①トイレ掃除が定まってきた

今まではなんとなくこうなのかな?と言いう方法でやっていました。

しかし、自分に合った方法が見つかると、掃除の頻度が上がっても結構苦にはなりません。

 

②汚れを落とすことから、清潔に保つことに意識がいくようになってきた

今までは週に1回だったので、便器の汚れを落とすことでトイレ掃除は終わってしまっていました。

しかし、週に3回程度で掃除していると便器が汚れると言うよりも、日々の汚れをふき取って、除菌・換気・消臭するようなイメージで掃除できるようになりました。

次亜塩素酸水のおかげもあるかもしれませんが。。。

また、ゴム手袋も使うことがなくなり、今では素手で掃除しています。

素手のまま、ウエスでささっと便器を拭いても、たいして汚れるわけではないので、嫌な感じもありません。

下の子のオムツも外れて、子供たちがトイレを汚すようになれば、また状況は変わるかもしれませんが、今はそこまで汚れがたまることはありません。

 

 

まぁ、子供らが大きくなったら、子供らにトイレ掃除をやってもらえるとうれしいけど・・・♪

 

 


にほんブログ村