gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

MENU

私が手放した4つの習慣

スポンサードリンク

 

私が実家を出て1人暮らしを始めたのが18歳のころでした。

いったん実家に戻った時期をのぞくと、かれこれ10年近く親元を離れて生活していることになります。

 

1人暮らしの時はあまり感じなかったのですが、結婚してから特に、実家の家事や年行事等の「習慣」について、自分なりに必要かそうでないかを考えるようになりました。

 

普通のことだと思っていても、おそらく各ご家庭に自然と続けられている習慣があると思います。

 

しかし、自分自身で家事を回すようになると、それが1つずつ疑問に思ったりもします。

 

■私が断捨離した実家の習慣

 

①新年に新しい服を着る

わりと多くのご家庭でされているのでしょうか?

こちらの絵本でも新しい服を買ってお正月に親せきの家に行った様子が描かれていました。

 個人的にはとてもうれしい習慣でした。

なんだかとっても「お正月!」という感じがして、新しい服もうれしくって。

でも、シンプルな生活を目指すようになってからは、新年に向けて服を買うことはなくなりました。

主人があまり私服を着ない人なので(ほぼジャージ)、自分だけ新調しても仕方がないなと思い、やめてしまいました。

今では1か月3着コーデで過ごしているので、新年に向けてと言うよりは、今着たい服を買って着ると言うスタイルです。

 

 

②下から2番目に安物を買う

うちの母は贅沢をするタイプではありませんでした。

しかし、買い物をするときはセール品をのぞき、決まって下から2番目の値段の物を選びます。

食品や洋服、家電などほとんどの物がそうです。

おそらく、母にとっての買い物の基準がそこだったのでしょう。

 

私もそんな家庭で育ってきたので、贅沢をするタイプではありません。

なので、ずっと下から2番目の物を買うことが多かったのですが、シンプルな生活を目指していると、日々買う物の種類はどんどん減っていきます。

なので、1度買って気に入れば大幅な値上がりがない限り、ずっとそれを買い続けます。

 

③玉ねぎ・にんじん・じゃがいもを常備

f:id:gu-gu-life:20170417200153j:plain

「玉ねぎ・にんじん・じゃがいもは冷蔵庫に入れておきなさいよ。これがあればなんとかなるから」と母に教えてもらい続けてきました。

もちろん、実家の冷蔵庫にはいつもこの野菜たちがあります。

しかし家庭菜園を始めて以降、必須と言われるこの3つの野菜がなくても、なんとかなることが多く、無ければ別の野菜でできるモノで対応できるようになりました。

じゃがいも等は、いったん家庭菜園で採れてしまうと、正直次の収穫までは買うことはあまりないです。

 

それよりも、家庭菜園の野菜がしっかり育ってくれることの方が、冷蔵庫事情としてはありがたいなと思います。

 

④毎日ご飯を炊く

f:id:gu-gu-life:20170417200230j:plain

私は「ご飯は毎日炊くもの」だと思ってきました。

炊飯器で炊いているので、さほど手間ではないように思いますが、ついついうっかりして炊き忘れてしまうことがよくあります。

ローリングストックの意味も込めて、まとめて炊いて、冷凍するようにしています。

冷凍庫のご飯がなくなる前に、ご飯を炊いてしまえば、冷凍庫はいつもご飯のストックがある状態なので、お昼ご飯や急なお変わりにも対応できます。

1回でまとめて炊くので時短にもなり、気持ちも楽になりました。

 

 

こう振り返ってみると、母は共働きでありながら、色々と家族のためにしてくれていたんだなと思います。

 

省いてしまった習慣もあれば、きっと脈々とつ続いている習慣もあり、私ならではの新しい習慣もあるかなと思います。

 

もちろん母に教えてもらうことは多いのですが、全てをやりきる器量もなく、私に合った形で残していければいいなと思います。

 

 


にほんブログ村

スポンサードリンク