gu-gu-life’s blog

3歳&1歳の2児の母!試行錯誤なシンプルライフ日記。WEB&イラスト未経験ですがペンタブに挑戦中!

衣装ケース2つ、ハンガーで吊るした服も風通しの良い量のみ

ミニマルな生活を勉強するようになってから一番数が減ったのが洋服だと思います。

 

トップブロガーさんのクローゼット等を拝見すると、もちろんまだまだ多い方ですが、日常的に使う洋服(アウター、トップス、ボトムス)に関しては50着弱に収まるようになってきました。

 

■マキシマリストだった頃のクローゼット

 

「安いから買っておいた方がお得かもしれない」

「せっかく買い物に来たのだから何か欲しい」

「流行の物を何か欲しい」

そんな感じで、毎シーズン何着か買い足しては、使いきれずにクローゼットの奥に奥に追いやっていた時代は、正直服が何着あるかなんて考えたこともありませんでした。

でも、常に「着ていく服がぱっとしないな~」と悩んでいました。

 

そんな時代の私のクローゼットはいつもパンパン。

引き出しタイプの衣装ケース4つと、ハンガーでぎゅうぎゅうに吊るしていた無数の服。

これでも服が無いと思っていたのだから、服をぞんざいに扱っていたことが分かります。

 

しかし、現在は引き出しタイプの衣装ケース2つに減り、ハンガーに吊るされた衣類も風通しが良くなる程度の適量を持つのみとなりました

 

 

■我が家のクローゼット

f:id:gu-gu-life:20170412222241j:plain

現在の我が家のクローゼットです。

子供たちの服は別に保管しています。

左側が私ゾーン、右側が主人ゾーンでざっくり分けています。

それぞれのゾーンに自由に使える衣装ケースが4つずつ置いてあります。

衣類の収納は欲を言えば吊るすのみにしたいところですが、オフシーズンの下着等のように、吊るす収納では不便なものもあるため、衣装ケースも必要枠だと思って使っています。

ちなみに、主人の衣類管理は主人に任せています。

少し前までは捨てられない男代表の主人だったので、クローゼットの中はかなりごちゃごちゃしていました。

当時は服を畳んでも、量が多すぎて主人のクローゼットはいつもごちゃごちゃでした。

衣類特有のこもったにおいもするようになり、さすがにまずいと思い、私も一緒に3年かけて片づけ続けてきました。

  

■クローゼット収納

 

f:id:gu-gu-life:20170412222304j:plain

ハンガーはそろえる

我が家はニトリの白い洗濯ハンガーを使っています。

洗濯干しからクローゼット収納まで、全て同じものにそろえました。

クローゼット内でもかさばらず、スカートひももあったりするので、シンプルなのに便利です。


②コーディネートで1つにしておく

1か月3着コーデをしているので、それ以外の服はこのクローゼットで保管しています。

次の月に何を着ようか考えるよりも、気に入ったコーデがあれば、そのままセットにして吊るしておきます。

基本的に「着まわす」という考えはあまりありません。

着まわすのはデニムくらい。

「これだ!」と思うコーデを着ようと思うと、たくさんの服を上手に着まわすよりも、少ないコーデを持つ方が私には合っていました。

なので、そのコーデを崩さないように、そのままのセットアップで収納しています。


③吊す収納で持ち服の見える化

 最初は「かっこいいから」と思って吊るす収納を取り入れていました。

しかし、吊るした方が衣類の量は目に見えて明らかです。

衣装ケースだと奥へ奥へ詰め込んでしまうため、奥へ行った服のことを忘れてしまうんですよね・・・。

なので、パジャマや下着、ベルトなど以外は全て吊るすようにしています。

 

 

今はこの状態です。実はまだ活用しきれていない服もあります。

それも少しずつ着ていくことで、もう1つ衣装ケースをあけることができればうれしいなと、ひそかに思っています。

 日々小さな節約をするよりも、クローゼットを見直す方が年間の衣類費の節約に大きくつながってくると思います。

 

また気に入った物を使いやすい量だけ持つことで、服やクローゼットに愛着を持てる。たくさん活用できた服は快く手放せる。そして新しく空いたスペースにまた素敵な洋服が入ってくる。

そんなクローゼットを目指しています。

 


にほんブログ村