gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

スポンサードリンク

お出かけの準備と片づけは玄関で始まり、玄関で終わる

我が家は玄関を上がると、リビングまで2mほど廊下があります。

収納やトイレの位置の関係上、廊下が長くなっています。

 

そんな廊下の長さを生かして、「お出かけの準備と片づけは玄関で始まり、玄関で終わる」様にしています。

 

帰宅後、脱ぎっぱなしの上着や、床に置かれたカバン・・・。

その光景が嫌で、「玄関で始まり、玄関で終わる」システムにしました。

 

 

1.上着の収納

f:id:gu-gu-life:20170328214911j:plain

廊下の壁にレールをつけて、ハンガーを吊るせるようにしています。

 

廊下に上着なんてダサくない?

って思うでしょ・・・。

 

ダッセーよ。。。ほんとに。

でも、夫にはこれがあっていたようで、上着をリビングの床に置きっぱなしにすることがなくなったので、私としてはそれだけでOK!

 

でも賃貸で生活していたころは、上着のスペースをリビングの押入に作っていました。

しかし、ズボラな私たちはなかなか毎日片づけることができませんでした。

 

ましてや1日羽織っていた上着をすぐに押入に仕舞いこんでしまうのも抵抗があって、新居ではなんとかしたい!と思い、担当さん相談していました。

 

そこで出たのが、廊下にレールをつけて、上着をかけるシステム。

一応ハンガーにかけていますが、面倒なら首元のタグをフックに引っかけるだけでもOK。

 

夫は職場へ持っていく衣類を、朝出発時に忘れないように、ここにかけていたりします。

 

  

2.お出かけグッズ

f:id:gu-gu-life:20170328214934j:plain 

娘は廊下のレールに届かないのと、毎回ハンガーにかけたりすると時間がかかってしまうので、荷物は全て籠に入れるだけにしています。

 

ヘルメット、上着、手袋が籠の中に入っており、夏場には帽子等を入れています。

 

この方法にしたのが娘が2歳になったころでしたが、お出かけ際はかなりスムーズになりました。

 

上着も自分で着られるタイプの物を選べば、「出かけるよ~」と言うとヘルメットをかぶり、上着を羽織り、手袋をして、靴をはいて待っています。

 

自分でやりたがりな娘なので、彼女が自分でやりやすい環境や道具を整えることを気をつけています。

 

また、主人も貴重品以外の荷物はポイポイと籠に入れています。仕事で使うカバン、手袋、帽子など。

あまりまめな方ではないので、「ワンアクションでできる方法」「ルールを決める」と上手に活用してくれます。

 

ちなみに私のカバンはキッチンに吊るしています。

家計簿をつけたり、出かける際に子供のご飯やお菓子、水筒などを持って行く分、玄関よりもキッチンが便利でした。

 

 

 3.荷物の床置きが激減した

 

子育てをしていると一番困るのが「床置きされた荷物」です。

子供が誤飲をしてしまったり、怪我の原因になったり、スマホであれば間違って電話をかけてしまったり、無駄な洗濯物が増えたり・・・

 

いいことはありません。

 

お出かけグッズは、リビングの中でも一番床置きされやすいものであり、1度許してしまうと、たくさんモノが床を徐々に占領し始めます。

 

「使う場所に置く(片づける)」「其々にとって片づけやすい方法をつくる」ことで「床置き荷物」を減らし、結果、家族の快適な生活につながると思っています。