gu-gu-life’s blog

3歳&1歳の2児の母!試行錯誤なシンプルライフ日記。WEB&イラスト未経験ですがペンタブに挑戦中!

節約しててもミニマリストでも30歳超えても、髪色は茶色

私は究極に黒髪が似合わないのだと思います。

 

地肌から生えてきたありのままの髪をもっと大切にしたい。

 

しかし、ありのままの髪では、私の場合はプラス5歳はふけて見える気がします。

 

だから、カラーリングは今までも続けてきたし、これからも色は少し変わっても、続けて行くと思います。

f:id:gu-gu-life:20170324204151j:plain

 

■自宅でカラーリングするのは学生までと思ってしまった理由

私はずっと社会人になっても、髪の毛の色は自分で染めていました。

美容院でカラーのメニューを見たことはありましたが、美容院が苦手な私は、ほとんどカットばかりで気にかけたことはありませんでした。

カラーリングは自分でするのが普通だと思っていたからです。

 

しかし、思い切って美容院でカラーリングをお願いしたところ、自分で染めた物とは全く違う出来上がりに、プロのすごさを実感しました。

1段階、垢ぬけたような印象で、カットだけでは味わえない、うれしさを感じました。

 

それ以来、カラーリングも美容院でしてもらうことが多く、友人も「セルフは学生の頃で終わったかな~」と言うのを聞いて、そうか、大人になるとみんな美容院で染めてもらうのが一般的なのか、と思いこんでしまいました。

 

 

■節約を重視するあまり、自分をないがしろにしていた時代

 

結婚し家計を守るようになるとカラーリングにお金をかけるのがもったいないような気がしました。

子どもができ、節約節約と呪文のように唱えていた時期は、たとえセルフであってもカラーリングさえもったいないと思うほどでした。

 

「今はそんなことにお金をかけている時期じゃない」

「このお金を少しでも家計のために使いたい」

 

そうして、私はカラーリング自体から遠ざかっていました。

 

 

■2人目ママになると周りに若いママが増えてくる

 

育児のバタバタに追われ手を抜いた髪や顔でお店の鏡を見ると、結構ぞっとします。

2人目ママになると、1人目の若いママさんに出会うことがあり、その若さや美貌がまぶしく思ってしまいます。

 

そこで初めてこれでは自分がかわいそうだ、もっと大切にしないと、と思えるようになりました。

 

 

■セルフカラーをする理由はセルフカットと理屈は同じ

 

自分カラーリングしているとムラも出てきますし、色もパッケージほどはきれいに染まりません。

しかし、やっていくうちに上達していくのがわかります。

費用も時間も抑えることができ、自分のためにもなるのであれば、やっぱり私は自宅でカラーリングをしたい派です。

 

また、私の両親がお互いの白髪染めをやってあげている姿が私は好きでした。

きっと私ももうしばらくすれば白髪染めの時期になるのでしょう。

そうなったときに、きっと自分でやってきた腕が発揮できるといいなと思いますし、夫や娘に白髪染めをおねがいできるような家族であれたらいいなと思います。

ちなみに、両親が互いに白髪染めをしている姿は猿の毛づくろいのようで、なんだかほほえましいなと思っています。家族らしい形を感じます。

 

私は私の理屈でセルフカラーを続けで、若々しくありたいと思います。

 

 

 


にほんブログ村