gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

MENU

冷蔵庫の中身を公開

スポンサードリンク

先日、読書日記で「貯められる人は、超シンプル」について記事にしました。

 

その中で、もやっとするところを写真に撮ってみることをお勧めされていました。

我が家の毎月の食費は4人家族で3万円です。

結構節約しています。

しかし、最近ちょっとたるんでいるような気がします。

 

以前は最低限の物をスーパーで買っていて、1回の買い物でも3,000円を超えることはなかったのですが、最近では5,000円近く行ってしまうことがあったり。

なんとなく買い物をして、ついつい不要なものまで買ってしまっている気がします。

 

もちろん、食費を切り詰めすぎて健康を害しては仕方がないので、その辺は大切にしています。

 

 

■我が家の冷蔵庫

 

冷蔵庫の中身の前に、まずは我が家の冷蔵庫を紹介させてください!

 

我が家の冷蔵庫はシャープの両開きのタイプです。

両開きと言えば、観音開きのモノが多いのですが、シャープさんに至っては右からも左からも全面開くことができます。

(私には何がどうなっているかわかりません…)

規格は少し違いますが、これと同じ種類です。

 

引っ越しが多い方には、この両開きタイプは特にお勧めです。

また今後新居を建てる予定がある方にも、お勧めです。

 

と言うのも、冷蔵庫の取っ手が意外と壁側に来てしまい、開けづらいと言う経験はありませんか?

特に対面式のキッチンで、壁とシンクで『コの字』になった造りで、冷蔵庫の取っ手がが壁側に来てしまうと、出し入れがかなり不便です。

実際、私の実家では冷蔵庫を買い換えたにもかかわらず、 壁側に開くタイプの物を買ってしまい、毎回面倒だな~とぼやいています。

 

 

ちなみにですが・・・。

現在、我が家は3日に1回は買い出しに行く程度なので、冷蔵庫の中のスペースには余裕があります。

4人家族の割には、あまり要冷蔵の食材が少ないこともあって、冷蔵庫を持て余している状態です。

 

なので、もし壊れて次の冷蔵庫を選ぶ時には、開き方にも気をつけながら、一回り小さい冷蔵庫を選ぼうと思っています。

 

 

■そして我が家の冷蔵庫です

 

f:id:gu-gu-life:20170317220359j:plain

冷蔵庫の中は比較的すっきりしています。(私の身内との比較です)

 

以前、どこかの本で見た「冷蔵庫はお金のかかる収納庫」という言葉がとても印象的でした。

冷蔵庫って365日稼働して電気を食い続けています。

なのに、結構なんでも間でも詰め込んでしまいがちだったりします。

そうすると庫内の温度管理に電気代をかけてしまったり、食材を取り出す時の手間で冷気が逃げてしまったり、庫内がきちんと均一の温度にならなかったりと、マイナス部分はたくさんです。

 

私も裏の表示を見てみると「常温保存」と書かれていても、なんとなく冷蔵庫に保管していることもあります。(特に夏場)

 

しかし、冷蔵庫も大きければ大きいなりに電気を消費しているわけで、電気を消費してしまいます。

 

今回、写真を撮ってみて、冷蔵庫の収納のう方法がいまいち良くないように感じました。

いつも定番の物が入っているだけなのに、場所が定まっていないことでストックが管理できておらず、無駄な買い物をしているように思います。

冷蔵庫内も食材の定位おおざっぱでいいので決めてしまい、ストックの買いすぎに気をつけたいと思います。

 

 


にほんブログ村

スポンサードリンク