gu-gu-life’s blog

3歳&1歳の2児の母!試行錯誤なシンプルライフ日記。WEB&イラスト未経験ですがペンタブに挑戦中!

読書日記「貯められる人は、超シンプル」・・・横山光昭さん

横山光昭さんの本もこれで何冊目でしょう・・・。

はまっています。

 

この方の本を読んでいると、この方のお宅はモノが必要最低限で、すっきりしているのだろうな~といつも思います。

 

そう、この方の節約はいつも「生活がシンプル」ことが基本のように感じます。

 

今回は、それを具体的に90日間という期間をかけて行動し、生活をシンプルにし、モノや時間に対してお金の軸で考えられるようにしていく本になります。

 

 

 

私自身、節約は永遠のテーマだと思っています。

節約しすぎてストレスがたまってしまい、生活や心が乱れてしまうのでは、お金に振り回されてしまうことになり、本来の意味を果たせていないと思います。

 

節約することで、無駄な出費を抑え、家族が楽しく生活したり、夢に向かってサポートできる体制を整えることが、節約する本当の目的だと思っています。

 

なので、節約に関する勉強は結構してきて、実践しているつもりです。

支出も同世代と比べると、楽しく暮らしている割にかなり低い方じゃないかと思っていたりもします。

 

しかし、最近ちょっと自分が楽することに偏ってしまい、節約感覚が薄れてきたようにも感じていました。

この本を読んで、もう一度初心に戻って建てなおしてみたいと思います。

f:id:gu-gu-life:20170317214214j:plain

 

■もやっとするところは書きだす・映し出す

普段何気なく生活していると、置きっぱなしの荷物や買いこみすぎた消耗品など、当たり前すぎて気にとまらなくなってしまうことが多々あります。

服装も同じです。

鏡の前に立ってみて初めて、「あれ?これ思っていた感じと違うな」と気がつけたり。

 

インテリア系の本でも一度お客さんの視点になって写真を撮ってみていう考えを読んだことがあります。

 

もやっとするところがあればまずはそこから優先的に洗いだしていきたいと思います。

 

 

■私が最近使いすぎていると思うモノ

 

それは私のお小遣いです。

私のお小遣いは月に15,000円と決まっています。

余れば翌月に持ち越して、無くなれば私のへそくりから補てんしています。

しかし、ここ2~3カ月、へそくりから補てんする割合が多いように思っています。

 

その一番の要因は、子どもとの外食ではないかと思っています。

 

早速、明日からお小遣いの使い方についてもう一度考え直したいと思います。

 

ちなみにへそくりに関しては、主人も持っており、お互い「持っていよう」と公言しています。

 

 

その他にも、台所や洗面所の収納についても、一度写真を撮って無駄な物がないか見直してみたいと思います。

この無駄なものこそが浪費にあたり、今後見直していく必要があるモノです。

 

買った物や家にある物だけではなく、時間の使い方、体や心のことなど、気になったことがあれば全て書き出してみて、改善ポイントを見つける。そういったことを繰り返し、規則正しい生活を送ることで、お金もたまるようになるという本でした。

 

一石二鳥な本ですね。

 

この本の最後にありましたが、まずは実行です。

節約本を手にした時点で、節約した気になってしまうことが多いのですが、その本の代金分は必ず価値を生み出さないとそれはただの浪費になってしまいます。

 

他の本でも同じことが言えると思いますが、後は実行あるのみなのです。

 

 


にほんブログ村