gu-gu-life’s blog

3歳&1歳の2児の母!試行錯誤なシンプルライフ日記。WEB&イラスト未経験ですがペンタブに挑戦中!

日中のヒヤっとから少しでも解放されたいからコルクマットを買いました

この冬、日中のヒヤっとから少しでも解放されたいと思い、ジョイントタイプのコルクマットを買いました。

 

もうね・・・。子供って本当に自由です。

大人からすれば意味がわからなかったり危なかったりする行動も、平気でするんです。

部屋中を思い切り走ったり、ただひたすらジャンプしたり、床に頭をなすりつけていたり・・・。

f:id:gu-gu-life:20170310211123j:plain

 

そこで、冬に入る前にコルクマットを導入しました。

 

 

■良かった点

1.大けがにつながりにくい

息子が0歳で、これから立ったり座ったりハイハイしたりするので、想像以上に転ぶ回数が増えます。

その時に、床が柔らかいと、子どもを好きにさせることができますし、転んでもこちらも安心してみていられます。

 

 

2.汚してもすぐに洗える

娘は3歳。息子は0歳なので、食べこぼしがハンパないです。

毎食後、掃除機ですよ。 

なので、牛乳をこぼそうが、ミートソースをぶちまけようが、水でささっと洗えるというのは大きいです。

パズルマットなので部分的に洗えるのは快適です。

 

 

3、インテリア的にも許容範囲

コルクなので自然な色合いで、我が家のもともとのフローリングと大差はありませんでした。フローリング調のマットも見かけるので、迷われている方はそういったものでもいいかもしれませんね。

 

 

 

4.床を守る

子どもの遊び方は容赦ないです。

平気で床を痛めつけます。

なんでもっと早くコルクマットをしなかったんだろうと悔やまれます。

 

 

5.暖かい

 

冬はラグやマットを敷くこともあったのですが、それ以外のところが冷たく、ヒヤっとします。

でも、コルクマットなら全面に敷くことができるので、どこに行ってもヒヤっとしません。また、少し段差ができるので、隙間風も感じにくかったように思います。

 

 

6.ジョイントタイプなので変形は自由自在

我が家ではリビング一面に敷いています。

女性の力でもはさみなどを使って簡単にカットできます。

意外とデコボコがない家って少ないと思います。

ドア、階段、作りつけの家具・・・そういったものの変形ができる点が良かったです。

 

また一面に敷くことで、子供がよくマットを剥がして遊ぶ、というところも軽減されています。

 

 

■困った点

1.大きな段ボール2箱分の物を持つことになる

 

当たり前ですが、その分のものが増えます。

この商品を購入した時に、大きな段ボール2箱で届きました。

この容量分の物が我が家に入るのか・・・。

と、最初は思いましたが、床に敷いているので、今はそんなことも忘れていたり・・・。

 

 

2.掃除がめんどくさそう

 

まだコルクマットの下を掃除していないので何とも言えないのですが、ジョイントマットだからこその面倒臭さかもしれません。

マットをはがして、掃除して、パズルのように合わせて・・・。

ラグ1枚より結構面倒だと思います。

 

 

 

色々プラスマイナスしていくところはありますが、子供の安全が今は一番なので、取り入れて良かったなと思っています。