gu-gu-life’s blog

1才&3才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

MENU

「pid」で梅雨でも冬でも室内干しで天気に振り回されない洗濯

スポンサードリンク

実はこの冬、数えるほどしか外干ししていません。

 

そんな怠け者に、もってこいのモノがあるんです。

私が購入したものは「pid」でしたが、現在ではワイヤーがもう少し長くなった「pid4M」という新商品が出ているようです。

 

 

 

1.「pid」についてご紹介

 

 

①作っているのは森田アルミ工業さん

 

森田アルミ工業

こちらが森田アルミ工業さんのHPになります。

とってもセンスが良く、見ているだけでも目の保養になります。

少なくとも私はこの会社のHPを見るとわくわくしてきます。

 

『「かつてない商品」を世に送り出すために会社の全総力ですぐれたデザインを目指す。』

社長のその言葉通り、私はpidに出会ったときに衝撃を受けました。

 

ここぞとばかりに主張しあうデザインが多い中、使い手のみになってとことんシンプルで、とことん使いやすい工夫が施されている商品だと感じています。

 

また、そのデザインこそが自社製品への自信やプライドのようにも感じうけます。

結果としてグッドデザイン賞も受賞されているようです。ほんと素敵です。

 

ぜひ一度こちらの会社のHPをご覧ください。

 

 

②「pid」はどう使うのか?

 

①下地のある壁にネジ各3本(系6本)を使ってとりつけます。

ワイヤーが出る本体と、向かい側でそのワイヤーを受け取るフックプレートが、真正面であることが望ましいようですが、多少斜めになっていても使用できるそうです。

(詳細https://www.moritaalumi.co.jp/product/detail.php?id=11)

 

②本体からタブを取り外しワイヤーを伸ばします。

③フックにタブを引っかけます。

④本体側でロックします。

 

この状態で洗濯ものをかけていくことができます。

耐久は10キロなので、布団のような重たいものはお勧めできません。

 

 

③使ってみての感想

 

 

<良かったところ>

・シンプルでリビングに設置していても目立たない

・使い方が簡単

・上の方に設置すればワイヤーは年中出しっぱなしでもイケる(個人差あり)

・雨の日でも室内干しが可能

f:id:gu-gu-life:20170308212133j:plain

 

<改善余地>

・重過ぎるとちょっとワイヤーがたわむことがある

・意外と真正面で下地のある壁同士を探すのが難しい

 →我が家は家の施工時に大工さんにやってもらいました。

 

 

3.最後に

 

我が家は家の施工時にインテリアコーディネーターさんからこの商品を紹介していただきました。

初めてみた時は「これで洗濯物が干せるのか!?」と心配でした。

しかし、インテリアコーディネーターさんもご家庭で使用されていて便利だとおっしゃっていたこと。

また、ほかのお客さんにも勧めて使ってもらったところ、皆さん便利だとおっしゃっていると聞き導入してみました。

 

いざ使ってみると本当に便利で、紹介してもらって良かったなと思っています。

 

我が家は年中、ワイヤーを出しっぱなしにしていますが、あまり気になりません。

 

家族が成長し、1台では足りなくなった場合、またこちらの商品を購入すると思います。

楽天さんで購入できるようですので、必要があればその時にお世話になろうと思います。

 

 

4.その他室内干し

 コンパクトにもなってスタイリッシュ。

 

安定のホスクリーン。賃貸でこれあったら最高だと思う。

 

最近除湿機という家電があることを知りました。すごい。

 

なんかもうカッコよすぎる。

 

似たようなロープタイプのものもありました。