gu-gu-life’s blog

1才&4才育児主婦が物や家事に追われる生活を断捨離すべく奮闘中。 イラストブログで、綴ります!

ベッドの断捨離。布団の湿気&カビ対策。失敗とリベンジ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ベッドの断捨離をして、布団生活をする事に決めた我が家。

その手始めに布団を毎日室内干しする事で、湿気の多い我が家でも布団にカビを生やすことなく快適に過ごす事ができるのではないか?と考えました。

 

それがこちらです。

www.gu-gu-life.com

 

 

しかし。

これが実は大失敗に終わります。

 

 

 

1.突っ張り棒で室内干しはやっぱり不安定!

お察しの方も多いかもしれませんが、1週間ほど使ってみて、突っ張り棒が落下してきました。

 

その後、何度か直して使っていましたが、3日に1度は突っ張り棒が外れてしまう羽目になってしまいました。

突っ張り棒の先にゴムマット等をつけて、ずれを防ぐ方法もあるようですが・・・

 

突っ張り棒を室内に設置したままなので、寝る時も頭上には突っ張り棒があるわけです。

やっぱり地震の時に落ちてきたら、余計な怪我につながり兼ねないな・・・。

 

と思い、この方法はあきらめる事にしました。

 

 

2.新たなる布団の湿気&カビ対策 

屋外で使われることが多い布団干しですが、こちらを室内用として我が家に招き入れました。

 

寝室に設置し、起きたら布団を掛ける。

寝る時は布団を敷き、布団干しは畳んでクローゼットに収納しています。

 

一応、室内で使うためにちょっとした工夫をしています。

 

①パイプの床に着くところにマスキングテープを貼る

 パイプと床が擦れて傷が付くのが嫌だったので、マスキングテープを貼りました。

 f:id:gu-gu-life:20170626161516j:plain

 これだけで床の上でパイプを引きずっても安心です。

 

■追記:2018年1月

1歳の息子に何度もマスキングテープをはがされてしまい、今ではやむなく断念しています…涙

 

 

②クローゼットに布団干しを収納する

 

寝るときに布団干しが立て掛っていたり

起きるたびに他の部屋から布団干しを持ってくる事がないよう

 

寝室にあるクローゼットに布団干しを収納しています。

 

布団干しは大きいものではありますが、畳めばさほど幅は取りません。

ましてやクローゼットの中は高さがあるので、少し中の衣装ケースなどの位置を調整すれば、十分に収納スペースを確保できました。

 

 

3.失敗はしたけれど

 これからも失敗してしまうかもしれないけれど、我が家に合った方法を探りながら、ベターな方法を積み重ねて、ベストにちかづけていければいいなと思います。

 

 

 

■■■関連記事■■■

www.gu-gu-life.com