読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gu-gu-life’s blog

3歳&0歳の2人の子供のお母さんの試行錯誤なシンプルライフ日記

「私は汚部屋ではない」と思っていたけれど

こんな私ですが、血液型はA型です。

 

結構思いきってしまうところや雑なしぐさから、そう思っていただけることは少ないですが、自分なりにきちんとしていると思ってきました。

 

でも、今思うとやっぱり汚部屋出身だったかもしれないと思う節が出てきました。

 

 

■ゴミじゃないものが多いから部屋が片付かない

 

「汚部屋」と聞くと、床の踏み場がない部屋が想像されます。

その床を埋め尽くすものは、他人から見たらガラクタやごみにしか見えない、一見「不用品」なわけですが、そこで暮らす本人には必要なもので、わけがあって置いていることがあったりします。

 

独身時代の私もそうでした。

 

<「今やらない」ことが理由で増えるものたち>

 

「明日きるから、洗濯ものは吊るしたままでいいよ。」

「明日一緒に洗うから、食器はそのままでいいか。」

「ゴミ箱、こたつから手が届かないから、こたつの近くにも1つ買っちゃおう。」

「服買ったのはいいけど、もう入りきらないよ。ちょっとそこに置いておこう。」

 

今やることが面倒で、ついついそのままにしてしまうことがありました。

おかげで冷蔵庫なんかも、いつか分からないお総菜が出てきて、タッパーごとゴミ箱行きなんてこともありました。

ドレッシングや調味料だって使い切ったことはなく、真新しい調味料があると興味本位で買っては腐らせてしまうサイクルでした。

 

 

<かわいい部屋にしたいがために埋め尽くされる壁と床>

 

「今の部屋飽きたから、テイストを変えたい。」

「この収納があったら部屋の雰囲気変わりそう。」

「壁にこのポスター飾りたい。」

 

そう、大きな問題は「良かれと思って買い足したものが、モノが多すぎるせいで不用品にしか見えないこと」でした。

雑貨やインテリア小物、今の部屋とは違うテイストの布類、使うあてもない来客用の食器。

モノは増えていくばかりで、片付けは追い付かず、収納家具を買い足して、部屋はせまくなる。まとまりのないセンスのない部屋に「思っていたのと違う」と首をかしげる。

 

そんな負のサイクルでした。

 

最終的に引っ越しの時にたくさんのものを手放し、何もない壁や床、シンク下の収納を見て「あ~。この部屋ってこんなに広かったんだ。」と思いました。

 

f:id:gu-gu-life:20170525114433j:plain

 

■汚部屋出身であることを思えば、今の自分をほめてあげたい

 

汚部屋出身だと自覚すると、今の家の中は半ば強制的ではありますが、モノがないことでかなりすっきりしています。

 

「収納家具を買い足さないようにする」

「何も置かない&飾らない壁を大切にする」

「床置きしない」

 

そんなことを1つずつクリアにしていくだけで、部屋は広くすっきりして見えます。

 

もちろん、まだたくさんの物に囲まれているし、散らかってないなんて嘘だし、行き場のないモノもまだあるけれど。

 

独身時代の汚部屋に比べれば、ずっと成長したと思う。

 

「これはどうかな~?」と試行錯誤して、まだ「これだ!」という確信はないけれど、「あぁ、私汚部屋出身だった割には、がんばってるやん」とほめてあげたい今日この頃です。

 

我が家の雨の日グッズ

私は普段車を使いません。

その代わり電車や電動自転車を使って生活しています。

 

そんな私が使う雨の日グッズについて。

 

f:id:gu-gu-life:20170523162745j:plain

 

■年中使えるレインブーツ

子供を2人連れて歩くのに、少しでも楽なほうがいいかなと思って、昨年の夏前に購入しました。

 

<いいところ>

・雪の日も使えるので、1年中活躍する

・思っていたよりも軽い

・長いタイプなので、その分虫さされや日焼けも気にせず公園に行ける

・脱ぎ履きがしやすい

・デザインがかわいいので畑仕事の長靴にはみえない(と思う)

・黒を購入したので、服を選ばない

 

<困ったところ>

・長いタイプので少し暑い時もある

・靴箱で場所をとる

 

購入時は気がつかなかったのですが、1.7センチのシークレットソールがあるので、長靴を履いた時の何とも言えない寸胴感も少なく、多少はすっきりした印象に見えます。

 

また、こちらの商品はカラーが豊富なので、黒だと重たいなと思っていても、他の色も選べるのでいいなと思います。

 

<選ぶときに考えたポイント>

・畑仕事に見えない

・使う頻度が少ないものなので、3,000円程度の価格

・テカテカしていない

・ヒールがない、若しくは低め

 

 

■レインコート

 

私は持っていません。

雨の日は傘をさすのですが、初めのうちはうまくさせないこともあったので、娘には100均のレインコートを購入しました。

着用は5回ほどですが、傷んだりしますが破れず頑張ってくれたと思います。

傘に慣れるまでと思っていたので、100均にしました。

3歳半の現在、すっかり片手で傘をさして、空いた手もつなげるようになったので、レインコートは必要なくなりました。

 

まだ幼稚園にはいっていないので、大雨の日に出かけることはなく、来年購入を考えたいと思います。

 

 

■傘について

私は折り畳み用の傘を持っています。

子育て中は、普通の傘を持っていると邪魔になってしまうので、普通の傘は持っていません。

娘もおりたたみ傘が欲しいと最近言っています。

 

 

■雨の日グッズについて思うこと

雨の日グッズも最小限です。

雨の日は息子を抱っこして傘をさして歩きます。

 

レインコートやベビーカー用の雨よけも購入を考えましたが、そこまで雨の日にお出かけをするタイプでもないので、今は買っていません。

 

 

とはいっても、雨の日は私の暮らす地域では1年で35%ほどだそうです。

今はこれで済んでいても、子供たちが幼稚園や小学校などに通いだすと、ちゃんと備えていくことで、後片付けや洗濯に追われなくて済むこともありますよね。

 

必要があるときに、またその時の成長や好みに合ったものを買っていきたいなと思います。


 

趣味だって断捨離してもいい

好奇心が人より強く、色んな事を趣味にしてきました。

 

・アクセサリー作り

・ビーズ

・羊毛フェルト

・洋服作り

・多肉植物

・家庭菜園

・資格取得

・本屋さん通い

・喫茶店探し

・DIY

・パン作り

 

などなど。

今も続いているものもあれば、興味が薄れてしまい過去の物となったものもいくつかあります。

 

人からは色んな事をちょこちょこやっているせいか、生活面では経験から知恵が出てきたりす分、「器用だよね」なんて言われがちですが、実はそうではないのです。

 

人より数打ってきているだけの話。

 

そうなってくると、やっぱり趣味のモノもどんどん溜まってしまいます。

 

f:id:gu-gu-life:20170522162810j:plain

 

■趣味にも賞味期限がある 

1回趣味になると、それに関する道具や材料を集めるところから始まるので、結構物が増えてしまいます。

 

今も続いていればいいのですが、そうでないものもたくさんあるので、復活しない趣味にはいったん区切りをつけてもいいのかなと思います。

 

私の母は、物に思い出を詰め込むタイプで、1度趣味になったものをアルバムのように眺めたりしています。

そうなってくると、なかなか手放しつらいのですが・・・

 

賞味が薄れた趣味はいったん断捨離して、また興味が出た時にはその時の新しい物を買う方が、ワクワクは最大限かなと思います。

 

 

■過去の趣味の物を置きっぱなしにする意味は?

 

私の場合は「なんとなく、面倒だから」「いつかやるかもしれない」でした。

でも、そのいつかが来ることはなかったので、先日から少しずつ処分し始めました。

 

布、ピーズ、アクセサリーのパーツ類、 資格取得系の本。

 

 

すると、趣味の物にとられていたスペースががらんと空いて、家の中がすっきりしました。

 

あぁ、今までこのスペースをずっと無駄にしてきたんだなと、今では思います。

これが賃貸だったら、その分の家賃を払い続けてきたことになります。

 

 

「空いてるスペースなら置いておいてもいいんじゃないの?」と思ったりもしますが、この空いたスペースに、新しいわくわくが入ってきてくれる方がうれしいので、未来への余白として空けて置きたいなと思っています。

 

 

■今の趣味は大事にしたい

  

ミニマリストの方はの自宅写真などを見ると、家には物と言う物が何もなくて、「この人、家でどうやって生活してるんだろう?」なんて思ったりもします。

 

でもそういう方は、外に趣味の物を持っていたり、少ないものの中にも、自分たちが好きにしていることを大切にしています。

どちらかと言うと厳選している印象です。

 

私の場合、今は家庭菜園が一番の趣味です。

家庭菜園には土、肥料、プランター、スコップ、ジョウロなど、たくさん物が必要です。

しかし、それは今の私の生活を豊かにするものなので、今は必要なものだと感じています。

 f:id:gu-gu-life:20170522164156j:plain

ミニマムな生活をしていると、家で過ごす時間も増えてきました。

家で趣味を楽しむことも自分にとっては大事な時間だと思っているので、今の趣味に必要なものは大切にしていければいいなと思います。

 

 

www.gu-gu-life.com

 

 

www.gu-gu-life.com

 

季節の贈り物を定番化

もうすぐ父の日ですね。

 

父の日の贈り物は母の日よりも迷ってしまいます。

 

今までは定番化してしまうと作業的になってしまって、贈る意味が薄れてしまうのかなと思っていましたが、喜んでもらえるものが決まれば、それを贈り続けることも、貰い手もうれしいのかなと思い、定番化をしようと思っています。

 

 

我が家で決めている定番プレゼントです。

 

■母の日の定番品

やっぱりカーネーションです。

この時に贈ることで意味があるお花なので、他のお花もきれいですが、やっぱりカーネーション。

 

今年は母の日早割で2,000円前後で購入できました。

店舗稼ぎに2店舗で購入しました。

 

 

■父の日の定番

うなぎにしてみたいと思います。

実は父の日にうなぎを贈るのは、今回が初めて。

今回「美味しかったよ」と喜んでもらえれば、うなぎを定番にしたいと思っています。

 安かったのでどうかな~と心配していますが、その時期を楽しみに待ちたいと思います。両親はどちらの家も夫婦2人暮らしなので、1尾で充分かなと思い、それぞれの家に1尾ずつ贈るように注文しています。

 

 

■お歳暮

我が家はお歳暮を1年の感謝の気持ちを込めて、両親に贈っています。

遠方に住む両親。それでもいつもお世話になっているので、仰々しいかなと思いますが、気持ちが伝わればいいなと思っています。

お歳暮はお正月に食べる1品になることを踏まえつつ、食べ物を贈っています。

 

お正月は何泊かお世話になるので、お母さんたちにとっては「今日は何にしよう?」とご飯の献立が悩ましいのかなと思います。

お漬物や餃子、お鍋セットなど、食卓の助っ人になれるものを贈るようにしています。

 

この辺りが反響がよかったので、この年末もこのどれかを贈れたらいいなと思います。

北採庵さんのお試しお漬物セットは、かなり人気の商品なので、早目に注文しないと難しいかもしれません。

 

今年の定番化で、また両親の反応を見つつ、喜んでもらえるように工夫していければいいなと思います。 

 


にほんブログ村

小さい収納スペース。物が多いのが原因?我が家の1階収納。

家を建てるときに、収納スペースは家の10%程度あると良いと聞いていたので、滞在時間が長い1階にはなるべく多くの収納がほしいと思っていました。


我が家では敷地面積上、なかなかそれはかないませんでした。


そんな我が家の貴重な1階の収納スペースですが、出した物を戻すだけなのに、すこしずつ荒れて行くんですよね。

 

しかも主に使っているのは私なので、荒らしているのは私と言うことになります。

 

f:id:gu-gu-life:20170522080716j:plain

 

■いったん全部出して戻してみる 

いったん全て出してみると、結構色んな事に気がつきますね。

 

・これ、ここに必要ない

・これ、ちょっと量が多すぎる

・これ、1年以上使ってない

・これ、本当にいるの?

 

と、なんとなく収納していたり、5年先、10年先のことを予想して保管していたりするものが数多くあったりします。

 

そこで、いったん全て出して、必要な物を戻してみることに。

 

「あら、やだ。使いやすくなってる。整ってる。」

 

 

■使う物が使いやすく収納されているスペースが理想

収納に関しては、クローゼットと同じ様に

 

「物がぎゅうぎゅうづけにされているのではなく、風通しが良いスペースがあること」

 

これが私にとって使いやすく、物が大切にできていると実感できる適量かなと思います。

 

イメージとしては、収納されている物が息苦しくない環境であること。

 

 

■1階の収納公開

 

f:id:gu-gu-life:20170522090131j:plain

 

えぇ、公開と言いながら、またイラストかい!!と。

拙いイラストで伝わりにくいですが、我が家の貴重な1階の収納は、現在こんな感じです。

 

我が家の収納一等地として、この顔触れで正解なのかは、現在試行錯誤中です。

なんだかもっといい使い方があるような気がしてならない。

 

f:id:gu-gu-life:20170522083502j:plain

 

 

収納方法は、インテリアブログにはまっている際に、「スッキリなお宅は収納グッズが白」という現象を見て、衝撃を受けたので、極力そうなるようにしています。

 

白いと目に入ってくる情報量が少なくなるので、ラベリングをしっかりしておけば、探し物がしやすいです。

ぱっと見、ごちゃついた印象もなくなります。

1階収納は扉をあけっぱなしにしてることが多いのですが、位置関係上、玄関から丸見えなので、収納の白化は今思えば正解でした。

 

1階の収納は玄関にあるので、靴の収納をもっとコンパクトにして、靴箱をもっと活用したいなと思っています。

 

靴箱の扉、全部取っ払ってカーテン的な収納スタイルに変えたい今日この頃です。

 

www.gu-gu-life.com

 

 


にほんブログ村